スポンサーリンク

 

スーパフードの代表のひとつであるアサイー。
栄養価が高く、アンチエイジングの強い味方となります。
味もクセがなく、何に入れても合うのが特徴です。
一時期はすごいブームになりましたが、ブームが消えてもアサイーは体にとってとてもいい効果がある食物ですので、是非紹介したいと思います。

 

 


アサイーとは

 

51.acai2
ブラジル原産のヤシ科の植物です。
熱帯雨林の水辺で育つため、生命力が強く、強い抗酸化作用を持っています。
1cm程度ある種に薄く果肉が付いていて、食べれる部分が少ないのが特徴です。

 

アサイーはいたむのが早く、収穫後すぐに食べなければいけないのですが、今はフリーズドライや冷凍のものが手に入るようになりました。

 

サプリメントも販売されています。

生のままでは手に入らないものなので、購入する際は、甘味料や防腐剤などの添加物に気を付けて選びましょう。

 

 


アサイーの効果

 

スポンサーリンク

 

アサイーはブルーベリーと同じか少し大きいのですが、見た目はブルーベリーと似ていて、同じポリフェノールのアントシアニンが多く含まれています。
その他、ビタミンB群や鉄分、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅や食物繊維も豊富に含まれています。

 

 

アンチエイジング、美肌

 

アントシアニンには強い抗酸化作用があり、動脈硬化やがんの予防にも効果があることがわかっています。
また、老化のもととなる活性酸素を抑える働きがあるため、アンチエイジングにも効果があります。
抗酸化作用と豊富なビタミン、ミネラル、食物繊維の働きでシミやしわ、肌荒れを防ぎ、美肌にも効果が期待できます。

 

 

アレルギー抑制

 

抗酸化作用が強いものには、アレルギー抑制にも効果が期待されます。
アトピーや花粉症の改善にも役に立ちます。

 

 

疲労回復や貧血予防

 

アサイーに含まれる、ビタミンB1、B2、B6、B12の作用で疲労回復効果が期待できます。
また、鉄がプルーン約10倍含まれており、貧血予防になります。

 

 

整腸作用

 

水溶性食物繊維が多く、食物繊維はごぼうの約3倍も含まれているので、整腸作用も期待できます。便秘解消やダイエット効果も!!

 

 

眼精疲労

 

アサイーに含まれるアントシアニンは、ブルーベリーの18倍もあります。
アントシアニンには、目の健康を保つ効果がありますので、目のかすみや眼精疲労の予防、回復に効果があります。

 

 

 


アサイーのレシピ

 

51.acai-3

 

アサイーボウル

 

アサイーボウルには、フローズンアサイーを使いましょう。

 

  1. お好みのスムージを作る
  2. 1の上に、グラノーラとフルーツをのせる
    ※フルーツはアサイーの他、イチゴやバナナ、キウイ、ミックスベリーなどお好みで!
  3. 2の上に、ハチミツをかけてできあがり

 

 

スムージー

 

51.acai-3

 

スムージやドリンクにはパウダータイプがおすすめです。

 

  1. お好みのスムージーを作る
  2. 1の上から、アサイーパウダーをふりかける。量は一杯のスムージーに対し、小さじ1~2程度。

 

水や牛乳、豆乳などに溶かして混ぜるだけの、アサイースムージーも販売されていますので、時間の余裕がないとき様に使い分けもできます。

 

 


まとめ

 

  • アサイーは抗酸化作用が強い
  • アサイーの効果は、アンチエイジング、美肌、アレルギー抑制、疲労回復、貧血防止、整腸作用、眼精疲労などたくさんある
  • フリーズドライとパウダータイプがあるので、用途で使い分ける

 

食事に簡単にプラスできる食品です。

 

実は私もアサイーに挑戦中です。

ヨーグルトにパウダータイプを入れて食べています。

普段から「ブルーベリーのサプリメント」と「ドライブルーベリー」を摂っていますが、アントシアニンの多さにひかれて、食べてみようかな~と思っていました。

ちょうど、ドライブルーベリーがきれたタイミングだったので、ヨーグルトにブルーベリーではなく、アサイーを入れてみることにしました。

 

わたしはブルーベリーなしでは眼精疲労による頭痛が酷くなる体質です。

ブルーベリーを摂らないと、約1週間ほどで頭痛と目の上の痛みに悩まされます。

アサイーに変えて、2週間ほど経ちますが、今のところ頭痛もなく快適です!!

 

 

目の疲れ予防にブルーベリーを食べている人は、一度アサイーもお試ししてみてはいかがでしょうか!!

 

 

スポンサーリンク