スポンサーリンク

 

花粉症やアトピー性皮膚炎をはじめとした、アレルギーに効くとされている食べ物はいろいろあります。

 

その中でも、アレルギーに効く栄養素や機能性食品についてご紹介します。

 

アレルギーは食べ物で治るのか

 

113.good-food

 

私たちの体は毎日摂取する食物によってできています。
アレルギー体質の人は、日々の食事で少しでもアレルギーの症状が軽減できるものを摂取したいと考えますよね。

 

何を食べればアレルギーに強い体になるのでしょうか?

 

もちろん食物アレルギーがある人はその食物は除去をしなければなりませんので、十分注意が必要です。

 

添加物がたくさん入ったもの、化学調味料や残留農薬が心配されるものは避けるべきだとは思いますが、やはり、たんぱく質、脂質、食物繊維をバランスよく摂取するのがアレルギー緩和につながる第一歩となります。

 

 

アレルギーの予防や症状が軽減できる食品としては、抗アレルギー効果があるものや、免疫機能や炎症反応を抑制する作用があるものを中心に食べるのがよいでしょう。

 

また、アトピー性皮膚炎の人は特に皮膚を作る、皮膚をつくる手助けをするとされているものの摂取は欠かせません。
除去している食物以外はバランスよく、それぞれに効果があるものを意識して食事をしましょう。

 

「アレルギーが悪化する食べ物」はこちらから♪

 

 


アレルギーに効く機能性食品

 

110.perilla-seed3

 

アレルギーに効く機能性食品と成分

 

抗アレルギー作用があり、花粉症やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などのアレルギーに効くとされている機能性成分が含まれている食品です。

 

シソ

成分:ルテオリン、ロズマリン酸、αーリノレン酸

シソの効果・効能はこちらから♪

 

バナナ

成分:オイゲノール

バナナの効能・効能はこちらから♪

 

ハッサクジャバラ

成分:ナリルチン

 

緑茶

成分:メチルカテキン、ストリクチニン

緑茶のさまざまな効果・効能はこちらからどうぞ!

 

レンコン

成分:ポリフェノール

 

ヨーグルト、漬物、納豆、キムチ(乳酸菌入り発酵食品)

成分:乳酸菌

アレルギーに効く乳酸菌はこちらから♪

 

ビワ茶

成分:アミグダリン

 

刀豆茶

成分:カナバニン

 

青魚

成分:オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸の効果はこちらから♪

 

えごま油・亜麻仁油

成分:αーリノレン酸

えごま油の効果・効能はこちらから♪

 

トマト

成分:リコピン、ナリンゲニンカルコン

トマトの効果・効能はこちらから♪

 

梅肉

成分:ムメフラール、クロロゲン酸

 

甜茶

成分:GODポリフェノール

アレルギーに効くお茶はこちらから♪

 

グァバ茶

ポリフェノール

 

コーヒー

成分:ポリフェノール、カフェイン

コーヒーの効果・効能はこちらから♪

 

青大豆

成分:ーー

 

生姜

成分:ジンゲロール、ショウガオール

生姜の効果・効能はこちらから♪

 

フキ

成分:ペタシン、フキノール

 

イチジク

成分:ーー

 

リンゴ

成分:リンゴプロシアニジン

リンゴの効果・効能はこちらから♪

 

ウコン

クルクミン

ウコンの効果・効能はこちらから♪

 

海藻

フコイダン

フコイダンが含まれる海藻はこちらから♪

 

金時草

粘性多糖

 

 

 

 


アレルギーに効く栄養素

 

スポンサーリンク

 

皮膚を作る、皮膚をつくる手助けをするもの

 

アトピー性皮膚炎の症状緩和のためには、皮膚を作る、または再生するために必要な栄養成分を摂ることがとても大切です。

 

  • たんぱく質:皮膚をつくる材料
  • ビタミンA:皮膚・粘膜・視力・目の角膜を正常に保つ
  • ビタミンB2:粘膜を保護する
  • ビタミンB6:皮膚の健康を保つ
  • ナイアシン:血行をよくする
  • ビチオン:白髪や抜け毛を防ぐ。皮膚の健康を保つ
  • 硫黄:皮膚・爪・髪を生成する。たんぱく質の構成要素となる

 

 

副腎機能に効果があるもの

 

アレルギー症状と戦い免疫力をあげるためには、副腎の機能を向上させる必要があります。

 

  • パントテン酸:副腎皮質ホルモンの分泌を亢進し、免疫力を強化する
  • コレステロール:副腎皮質ホルモンの材料となり、免疫力をあげる
  • ビタミンC:副腎皮質ホルモンの合成にかかわる

 

 

コラーゲンを作るもの

 

皮膚を再生するのに役立ちます。

 

  • ビタミンC:コラーゲンを生成する。肌に潤いや張りを与える
  • 亜鉛:コラーゲンを合成する

 

 

 

免疫機能や炎症反応を抑制するもの

 

抗酸化作用や抗炎症作用がある栄養成分です。

 

  • ビタミンA:免疫力を高める。活性酸素を消去する抗酸化作用あり
  • ビタミンB6:アミノ酸の代謝にかかわる
  • ビタミンC:活性酸素を消去する抗酸化作用あり
  • ビタミンE:活性酸素を消去する抗酸化作用あり
  • 亜鉛:抗酸化作用にかかわっている
  • セレン:抗酸化作用、水銀、カドミウム、砒素の毒性を軽減する
  • マグネシウム、カルシウム:ヒスタミンなどの放出抑制する

 

 

栄養素別の代表的な食物

 

  • ビタミンA:レバー、ウナギ、ギンダラ、アナゴ、アンコウ、ほうれん草、モロヘイヤ、かぼちゃ、にんじん
  • ビタミンB2:豚レバー、ウナギ、カレイ、うずらの卵、
  • ビタミンB6:鶏ささみ、牛レバー、マグロ、サンマ、にんにく
  • ビタミンC:じゃがいも、赤ピーマン、ブロッコリー、柿
  • ビタミンE:ウナギ、モロヘイヤ、アーモンド、ヒマワリ油
  • ナイアシン:そば、鶏肉、カツオ、タラコ、ブリ、ひらたけ、らっかせい
  • ビチオン:鶏レバー、豚レバー、らっかせい、アーモンド
  • パントテン酸:鶏レバー、カレイ、ウナギ、納豆、アボカド
  • 亜鉛:鶏レバー、牛肩肉、牡蛎、からすみ、納豆
  • セレン:アンコウの肝、タラコ、クロマグロ
  • マグネシウム:そば、絹ごし豆腐、キンメダイ、するめ、ほうれん草、バナナ、アーモンド
  • カルシウム:イワシ、牛乳、プロセスチーズ、ひじき、水菜、モロヘイヤ、木綿豆腐

 

 


まとめ

 

栄養素のバランスが取れた食事を心がけることが大切ですが、アレルギー症状に効果があるとされている、「機能性食品」は是非取り入れてほしいと思います。

 

アトピー性皮膚炎、花粉症などの症状が少しでも軽くなるように、頑張りましょう。

 

 

011.food-effect

 

 

 

 

「アレルギーが悪化する食べ物」はこちらから♪

 

 

 

 

スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村