スポンサーリンク

 

スーパフードの一つである「アロニアベリー」。

 

アロニアベリーの効果はダイエット、便秘予防、アンチエイジング、美肌、目の健康、ガン予防、アレルギー予防などさまざまです。

 

体によい効果があると言われるポリフェノールが多く含まれることで「メディカルフルーツ」と呼ばれている果実です。

 

 

 

 


アロニアベリーとは

 

120.aronia2

 

アロニアベリーとは、北アメリカ原産のバラ科の黒い果実です。

 

ロシアなど寒い地域で栽培されていて、日本でも北海道など寒い地域で作られています。

 

別名「ブラックチョークベリー」や「アローニャベリー」とも呼ばれています。

 

 

 

 


アロニアベリーの効能

 

118.tiger-nuts4

 

アロニアベリーの注目の栄養成分は

 

  • アントシアニン
  • βカロテン
  • βクリプトキサンチン
  • 食物繊維

です。

それではアロニアベリーの効果を見ていきましょう。

 

 

アンチエイジング・美肌

 

「ポリフェノール」の抗酸化作用でしわ、たるみなどの老化防止の効果が期待できます。

 

「βークリプトキサンチン」の働きにより、皮膚の水分保持を促す効果が期待できますので、潤いのある肌へ導いてくれます

 

また、「βーカロテン」が多く含まれていることで、美肌効果に役立ちます。

 

 

 

ダイエット効果・便秘予防

 

食物繊維がバナナの5倍以上と、とても豊富に含まれているため、腸内のバランスをよくし、便秘予防や解消の効果が期待できます。

 

また、アロニアベリーには脂肪をへらす作用があることで、新陳代謝を促し、ダイエットに役だちます。

 

 

 

目の健康

 

ポリフェノールの一種である「アントシアニン」が豊富で、ブルーベリーの3倍の量が含まれています。

「アントシアニン」は疲れ目の予防や改善、視力を回復効果があります。

 

 

 

ガン予防

 

βークリプトキサンチンの働きにより、免疫力をあげ、ガンを抑制する効果が期待できます。

 

 

 

 

アレルギー予防

 

「アントシアニン」はアレルギーの原因となるヒスタミンの分泌を抑制する働きがあると言われています。

 

花粉症やアトピー性皮膚炎の人にはおすすめのフルーツです。

 

 

 

 

 


アロニアベリーの摂取目安

 

スポンサーリンク

 

一日あたり15個程度が目安です。

 

 

 

 


アロニアベリーの食べ方

 

120.aronia4

 

アロニアベリーは、生のタイプ、冷凍したもの、ドライフルーツやパウダータイプ、ドリンクタイプがあります。

 
生のタイプは秋頃から手に入りやすくなりますが、暖かい時期には手に入りにくいため、生で食べられない時期は、パウダータイプがとても使いやすいです。

 

  • 生やドライフルーツは、そのまま食べる
  • ヨーグルトに入れる
  • ジュースやスムージにする
  • シリアルやグラノーラに入れる

 

 

 


まとめ

 

アロニアベリーの効果は

 

 

  • アンチエイジング・美肌
  • ダイエット効果・便秘予防
  • 目の健康
  • ガン予防
  • アレルギー予防

 

です。

 

 

朝食などに簡単にプラスすることができます。
ダイエット効果が期待できますので、是非お試ししてくださいね♪

 

 

スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村