白にんにくを発酵させた「黒にんにく」。

白にんにくに比べると、さまざまな成分が多く含まれており、ガン予防、アンチエイジングや風邪予防、アレルギー緩和も期待できることがわかっています。

にんにくを食べるなら、やはり黒にんにくがおすすめです。

スポンサーリンク

 

黒にんにくとは

56.garlic1

黒にんにくは、普段私たちが食べている白いにんにくを1か月以上の時間をかけて熟成し、発酵させたものです。

白にんにくを食べることで気になる、にんにく特有のにおいや、刺激を抑えて、胃にかかる負担を軽くしてあることが特徴です。

また、ポリフェノールやアミノ酸の一部、S-アリルシステインの量が白にんにくに比べ多くなっています。

 

黒にんにくの効能

黒にんにくは熟成させることにより、通常のにんにくよりもいろいろな効果が高まっています。

黒にんにくは発酵させることにより、においや刺激が抑えられ、糖度が多くなることで、通常のにんにくとは異なり、甘くて美味しいドライフルールのような食感になります。

白いにんにくには、食欲を促進するなどの効果があり、いかにも美味しそうなにおいがありますが、黒にんにくは白にんにくと違った別の風味が楽しめます。

 

抗酸化力アップ

通常のにんにくに比べ、約10倍の抗酸化力があると言われています。

抗酸化力が強いことで、活性酸素の除去能力が強いことから、ガン予防やアンチエイジング作用が効果的に発揮できます。

 

免疫力強化する作用がアップ

抗酸化作用にプラスして、黒にんにくは免疫細胞を活性化が確認されています。

免疫力がアップすることと、にんにくの強い殺菌作用で、風邪やインフルエンザ、食中毒への効果も期待できます。

 

アレルギー緩和

黒にんにくはアレルギーを改善する効果があると言われています。

もちろん白にんにくにも、免疫力アップや抗酸化作用が強いことから、アレルギー改善の効果は期待できますが、さまざまな効果が強くなっている上に、免疫細胞の活性化により、黒にんにくは、さらに効果がアップしています。

花粉症やアトピー性皮膚炎の改善のためにも効果的です。

 

その他

スポンサーリンク

 

上記の効果の他にも、ダイエットや便秘、冷え性改善など、白にんにくの効果にさらにプラスされたさまざまな効果が期待できます。

 

白にんにくの効果はこちらから

にんにくの効果とは?栄養たっぷりでガンや疲れ、ダイエットにも効く!

 

にんにくのにおいを消す方法はこちらから

にんにく臭い?食べてももう大丈夫!臭いの消し方はこれだ!!

 

黒にんにくを手に入れるには

自宅で作る

黒にんにくを炊飯器で作る方法もありますが、炊飯器に入れて2週間~20日以上かかるという、とても大変な方法です。

専用の炊飯器がないと、ごはんも炊けなくなりますので、黒にんにくを購入した方がお手軽ですが、黒にんにくは製造過程からもわかる通り、手間と時間がかかる分、結構なお値段なのが悩みどころです。

ご自宅で作ってみたい方は、検索してみてくださいね。

 

購入する

購入できるサイトもたくさんあります。

熟成時間はそれぞれですので、あとはお値段と効果の兼ね合いで選択されるといいとでしょう。

ちなみに、わたしが購入してみた黒にんにくですが、普段から生のにんにくを食べると胃の調子が悪くなることが多いのですが、黒にんにくは、胃痛もまったく感じず、においも気にせずに食べることができました。

まとめ

黒にんにくの特徴は

  • 味がフルーティー
  • 抗酸化力アップでガン予防、アンチエイジング
  • 免疫力強化で、風邪予防に
  • アレルギー緩和ができる
  • 自宅で作るのは時間と手間が結構かかる

 

白にんにくよりも効果が期待できる、黒にんにく!

疲れがとれない人やアレルギー対策にも是非お試しください。

 

スポンサーリンク