スポンサーリンク

 

キャベツにはダイエットの他にも、胃腸の調子を整えたり、免疫力をあげたり、アレルギーを抑制したりなど、さまざまな効果が期待されます。
キャベツが好きな人はますます、そうでもない人もこれを読んだらキャベツが食べたくなります!!

 

飲みすぎたら、キャベツを食べて二日酔いを防ぐことも!!
ダイエットの鉄則もご紹介しますので、是非ご覧ください。

 

 

 


キャベツの栄養

 

53.cabbage1

 

 

キャベツには、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンU(キャベジン)、カルシウム、カリウム、葉酸、βカロチンが多く含まれています。

また、イソチオシアネートやケンペロールも含まれています。

 

とくにビタミンCは豊富で、生の状態で100g中41mgも含まれています。
ビタミンCは肌の潤いやハリを与える効果や、血中コレステロール値を下げる効果があります。

 

 

 

色のついたキャベツ

 

53.cabbage3

 

同じキャベツでも、紫のキャベツもありますよね。
スーパーなどで販売されているものや、外食時に目にするサラダには、彩りが豊かな色がついたキャベツを使っているのを見かけます。

 

紫キャベツには、もともとキャベツに含まれている栄養素の他に、眼精疲労に効く効果や抗酸化作用がある、「アントシアニン」が含まれています。
アントシアニンは赤紫色の成分であるポリフェノールの一種です。

 

ガン予防効果もありますので、紫キャベツは普通のキャベツよりもお得感がいっぱいです。

 

 

 


キャベツの効果

 

ダイエット効果

 

キャベツのカロリーは100gあたり、23kcalと低カロリーであることと、食物繊維の作用で満腹感を増す効果があります。

 

食前に食べることで、満腹感が増し、食欲を抑えることから食事全体の摂取量を減らすことができます。
さらに、キャベツのバランスの良いビタミンやミネラルのおかげで、食事量を我慢して体の調子を壊すことなくダイエットができるところが魅力です。

 

キャベツダイエットの鉄則

  • 晩ご飯での実施が効果的
  • 生キャベツを食べること
  • 食前によく噛んで食べ、その後の食欲を抑えること
    (30回以上噛むように頑張る!!)

 

興味がある方は是非お試しくださいね。

 

このダイエット方法は、摂取カロリーを抑えるのが目的です。
夜はその後の活動量が少なくなるため、夜の摂取カロリーを控えるのがダイエットには効果的ではありますが、朝ごはんでも昼ごはんでも、キャベツに限らず野菜から食べることは、食べ過ぎ予防の他、血糖値を急激に上昇させないことになるので、とても体によいことなのです。
是非実践してみてください!

 

 

 

血液サラサラ

 

スポンサーリンク

 

辛み成分「イソチオシアネート」には、血液をサラサラにする効果があり、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞を予防する効果が期待できます。

 

 

アレルギー抑制効果

 

ケンベロールには、炎症、アレルギーを抑える作用があります。

また、イソチオシアネートには抗炎症作用があります。

これらの成分からアレルギー抑制の効果が期待されます。

 

 

 

免疫力アップ・美肌

 

キャベツにはビタミンCが多く含まれているので、疲労回復や免疫力の上昇が期待されます。
ビタミンCには、肌に潤いや張りを与える効果があることから、美肌にも役に立ちます。

 

また、イソチオシアネートには、解毒作用やアンチエイジングに効果もあります。

 

 

 

胃腸を健康に保つ

 

53.cabbage4

 

キャベツに含まれるビタミンU(キャベジン)は胃酸の分泌を抑制したり、胃腸粘膜の新陳代謝を促進する効果があります。

 

胃薬にも使われるように、胃や十二指腸を健康に保つ作用があるということです。

胃酸過多の調整や、胃の粘膜を修復してくれるので、胃の不調を改善することができます。

 

また、イソチオシアネートやジアスターゼには、消化を促進する作用がありますので、キャベジンとの効果も合わせて、胃腸の調子を整えます。

 

キャベツは肉類との相性がよく、胃もたれや胸やけを防いでくれるのは、これらの成分が働いているからです。

 

 

 

抗がん作用

 

キャベツに含まれる「イソチオシアネート」や「ケンベロール」には、ガン細胞の増殖を抑える効果があります。

 

 

 

二日酔い対策

 

53.cabbage2

 

キャベツのビタミンU(キャベジン)には、肝機能の働きを高める効果があります。

 

また、イソチオシアネートの強力なデトックス効果もあり、肝臓がアルコールを分解するのを助けてくれます。

 

ビタミンUのおかげで、胃腸の働きもサポートしてくれますので、お酒の後の「ラーメン」はなく、お酒のあとは「キャベツ」を食べましょう。

 

 

 


まとめ

 

キャベツの効果は

 

  • ダイエット
  • 血液サラサラ
  • アレルギー抑制
  • 免疫力アップ・美肌
  • 胃腸の健康
  • 抗癌作用
  • 二日酔い

 

さまざまな効果があります。
毎日食べられるお野菜ですので、是非お試しください!!

 

 

スポンサーリンク