「花粉症」の記事一覧

ヨモギアレルギーの症状や時期は?皮膚に湿疹が?よもぎ餅など注意する食べ物はなに?

花粉症
230.yomogi-00

秋の花粉症の代表アレルゲンは、ヨモギ花粉です。 咳や鼻水、肌に湿疹がでる場合もあるので、対策を心がけましょう。草餅やヨモギ化粧水、よもぎ蒸しにも注意! ヨモギアレルギー、ヨモギ花粉症の症状や時期、注意すべき食べ物などについてご紹介します。

12月,1月,2月のアレルギー・花粉症の原因は?その咳は風邪じゃない!鼻水、目のかゆみ、くしゃみの症状が!

アレルギー ハウスダスト・ダニ・カビ 花粉症
229.winter-allergy-00

”風邪かな?”と思っていたら、実は「冬のアレルギー」、「冬の花粉症」の可能性があります。 12月、1月、2月も飛んでいる花粉はあります。 乾燥する時期にはハウスダストアレルギーに、寒い時期には寒暖差アレルギーにも注意! 冬のアレルギー、花粉症についてご紹介します。

冬の花粉症「ハンノキアレルギー」は果物にも注意!症状や検査、飛散時期は?

アレルギー 花粉症
228.alder-00

冬の咳は風邪だと思いがちですが、実は「ハンノキアレルギー」「ハンノキ花粉症」かもしれません。 1月から飛散がはじまるハンノキ花粉は、咳の症状が特徴です。口腔アレルギーを発症しやすいので、果物にも注意! ハンノキアレルギーの症状や検査、対策、注意すべき果物についてご紹介します。

カモガヤアレルギーの時期や注意すべき食べ物は?果物、小麦も注意!オオアワガエリが原因かも!?

アレルギー 花粉症 食物アレルギー
225.orchard-grass

スギ花粉、ヒノキ花粉の時期が終わっているのに、花粉症の症状が続いている人は、カモガヤアレルギーかもしれません。 オオアワガエリの可能性もあります。 イネ科の花粉は5月から10月まで飛ぶものもあり、自分の症状が何月から何月・・・

9月、10月、11月のアレルギー・花粉症の原因は?鼻水、目のかゆみ、くしゃみの症状が!

アトピー アレルギー 花粉症
218.kafun4

夏の終わりが近づくとくしゃみや鼻水、目のかゆみ、咳がではじめる! それはまさに秋のアレルギーです。 花粉が原因と思いがちですが、アレルゲンは花粉だけではなく、ダニやカビなどの可能性もあります。 9月、10月のアレルギーの原因についてご紹介します。

アレルギーに効く!カモミールの効能は?カモミールティーの淹れ方

アトピー アレルギー ハーブ 美肌・アンチエイジング 花粉症
210.chamomile

代表的なハーブの一つである「カモミール」には、リラックスやスキンケア、アレルギー対策、胃の調整を整える効果が期待できます。特にリラックス効果が高く、ハーブティーとしても精油でも使うことができます。 カモミールの効果や効能、副作用、使い方をご紹介します。

ペパーミントの効能は?爽やかな香りでリラックス効果抜群!花粉症にも!!

アトピー アレルギー アレルギー症状を改善する食べもの ハーブ 不調に効く食べ物 腸内環境・免疫 花粉症
209.peppermint

ペパーミントは、アレルギー対策、胃腸を整える、リフレッシュ、リラックス、鎮痛作用、肌のひきしめ、口臭、虫除けなどの効果できます。 ハーブティーやスキンケア用のオイルとしても使用できます。 ペパーミントの効果・効能、副作用、使い方をご紹介します

アトピー・ダイエットの味方ルイボスティーの効能は?副作用に注意!?

アトピー アレルギー アレルギー症状を改善する食べもの ダイエット 不調に効く食べ物 美肌・アンチエイジング 花粉症
194.rooibos

ルイボスティーは、アトピー・花粉症対策、ダイエット補助、妊活、冷え・むくみ、アンチエイジング・白髪予防の効果が期待できるお茶です。 副作用がでる場合もありますので、注意が必要です。 ルイボスティーの効果や効能、飲み方、副作用についてご紹介します。

ダイエット・アレルギーに効くバジルシードの効果は?発芽毒が危険!?

アトピー アレルギー スーパーフード ダイエット 不調に効く食べ物 美肌・アンチエイジング 腸内環境・免疫 花粉症 高血圧
191.basil-seed

スーパーフードの一つである「バジルシード」は、ダイエットやアレルギー、美容、ボケ防止、高血圧予防などの効果が期待できます。発芽毒の危険があり、食べる際の注意を理解してから摂ってください。 バジルシードの効果や注意、食べ方、戻し方についてご紹介します。

7月、8月のアレルギー・花粉症の原因は?夏のアレルゲンを徹底分析!!

アトピー アレルギー 夏の病気 花粉症 蕁麻疹
190.summer-allergy

春の花粉症が終わって、夏になったのにアレルギーが治らない? 7月、8月の夏真っ只中でも、アレルゲンとなる物質は存在しています。 花粉だけではなく、カビやダニ、紫外線アレルギーや寒冷蕁麻疹に注意する必要があります。 7月や8月の夏におきるアレルギーの原因についてご紹介します。

ページの先頭へ