アトピーの人にとって、塩素は症状悪化の原因の一つになっているかもしれません。

塩素は肌荒れの原因となりますので、普段から皮膚のトラブルが起こりやすいアトピーの人にとっては、とても深刻な問題です。

 

わたしたちは、毎日の洗顔やお風呂で肌に塩素が触れています。

また、水道水にも塩素は含まれていますので、毎日塩素を体内に入れることになります!

体にとっていいわけがありませんね。

 

アトピー対策として、塩素除去を検討してみると案外アトピーの症状がよくなるかもしれませんよ!

水道水の塩素除去の方法をご紹介します。

スポンサーリンク

水道水の塩素濃度ってどのくらい?

242.yuskin-06

日本では、水道法で水道水の塩素濃度が決められています。

これは、水の中にいる微生物などを殺菌するために必要とされる濃度で、

  • 0.1mg/l以上
    または、
  • 0.2mg/l以上(水質が悪い場合)

となっています。

わたしたちが水道水を安全に使用するための規定なんです。

それってどのくらい?とピンとこない人もいるのではないでしょうか。

 

金魚などの魚の水を変える際は、水道水をそのまま使用しません。

何故かというと、塩素が魚に害を与えるからです。

 

もちろん、魚と人では違いますし、国で決められている値だから大丈夫じゃないの?

と思いますが、実際にアトピーの症状が悪化している人にとっては大問題です。

 

そして、この塩素濃度って、地域で異なるんです。

規定は”○○以上”ということなので、各地域の水質により、塩素濃度が高いところもあるんです

 

ですから、みなさんの家の水道からでる水がどのくらいの塩素濃度なのかは、実際に測ってみないと何とも言えませんが、もし引っ越しの後などにアトピーが悪化するようであれば、もしかすると水道水の塩素濃度が原因の可能性も否めないという可能性があります。

 

都道府県別の塩素濃度の一覧は、ネット検索で確認できますが、実際のところ同じ県でも水源が明らかに違う地域では、一概にその値を鵜吞みにできないということです。

アトピーと塩素の関係は?!

244.ceramide-04

菌や微生物を殺菌のために水道水には塩素が含まれています。

もちろんそのおかげで、わたしたちは、お腹をこわしたりせず安全な水を使用することができるのですが、そんな塩素を口から、そして肌から体の中に取り入れてしまっているのも確かです。

 

塩素には肌を酸化する作用がありますので、肌荒れを起こす人もいます。

アトピーの人は、そもそも皮膚のバリア機能が低下しているので塩素の刺激を受けやすく、アトピーの症状を悪化させてしまう恐れがあるということですね。

 

実際に旅行先などで水が変わると、髪の毛の感触が変わったりしませんか?

それは、水質の差によるものです。

 

髪の毛は水の影響を受けやすいので、状態の変化がわかりやすいんですね。

ですから、水ってとても大切で、残留塩素を除去することで、もしアトピーが改善するのであればそれが原因の可能性があるということです。

 

髪の毛に対して”塩素あり・なし”の水を使用した確認データでは、やはり”塩素あり”の水の方が、髪の痛みが明らかであったとの結果があります。

肌への刺激の度合いは、もともとの肌質でも異なりますが、健康な肌に比べてアトピー肌は何に対しても刺激を感じやすいわけですから、塩素にも気を付けたいということは言えそうです。

プールは塩素濃度が高い!

250.chlorine-01

アトピーの人は、やはり塩素濃度が高いプールに入ることで、皮膚のトラブルを起こしやすいと言えます。

普段の家庭でのお風呂の比ではないくらいの、塩素濃度です。

 

プールに入ると、鼻炎や水ぶくれなどの症状がでる「塩素アレルギー」を起こす人もいるくらいです。

ですから、大人アトピーの人は、プールに入らないことをおすすめします。

 

お子さんの場合は、授業でのプールに入らないのはちょっと難しいかもしれませんが、プールの後は、必ず保湿を心がけるようにしてください。

 

塩素アレルギーについてはこちらから♪
塩素アレルギーで湿疹や鼻水、かゆみがでる!症状と対策、検査方法や薬を把握しよう!

お風呂の塩素除去対策とは?

スポンサーリンク

お風呂の塩素除去の対策としては、

  • 湯船の水
  • シャワーの水

の2つの対策が必要となります。

 

もちろん、いずれかだけでも効果は期待できますが、アトピー対策としてやるのであれば両方試してみることをおすすめします。

アトピーの人にとっては、お風呂はとても注意が必要な要素の一つで、石鹸などお風呂で使うものの選択を間違うと、症状の悪化につながります。

 

入浴剤や石鹸、洗い方、お風呂後の保湿など、アトピーの対策には欠かせない要素なんです。

アトピーの人は、水道水に含まれる塩素もこれらの対策の一つとして認識してほしいと思います。

湯船の塩素除去対策

250.chlorine-02

入浴剤で塩素が消える?

実は、湯船の塩素濃度は”一番風呂”が一番高いんです。

人が入るたびに塩素濃度が下がっていきます。

一番先にお風呂に入る人は、一番塩素の影響を受けているということです。

 

「”一番風呂”に入ると、肌がピリピリする!」と感じたことがある人は、温度だけの問題ではなく塩素による刺激の可能性があります。

 

そして、湯船の塩素除去対策としては、やはり入浴剤を入れるこです。

塩素除去効果がある入浴剤を使用しましょう。

 

アトピーの人は保湿効果と塩素除去効果の両方がある入浴剤がおすすめです。

可能であればいらない香料などが多く入っているものは、避けたいところですね。

 

おすすめの入浴剤はこちらです。

♦みんなの肌潤糖


アトピー肌用に作られている入浴剤で、保湿もできて、塩素も除去してくれます!

アトピー用だけあって、着色料や合成香料、パラベン、エタノールも使用されていません。

実際に使ってみた感想は、肌がかなりしっとりとした感じがありました。

 

♦重炭酸入浴剤ベビタブ(Babytab)


こちらは炭酸ガスを使用したもので、中性のお風呂にしてくれます。

塩素も除去してくれる+肌の汚れも落としてくれるので、ゴシゴシこする必要がなくなるのがポイントです。

アトピー肌にはありがたいですね。

もちろん、着色料や香料、パラベン、エタノールも使用されていません。

こちらはわたしは使ったことがないのですが、塩素だけではなくゴシゴシ不要のところがアトピーにおすすめなので、ご紹介しました。

 

入浴剤は肌への効果によりいろいろな種類がありますので、これ以外にもいろいろ探してみましょう。

ビタミンC(アスコルビン酸)で塩素除去!

実は、ビタミンCを湯船に入れるだけで、お湯の塩素除去ができるんです。

入浴剤としてビタミンCを使う!ということです。

ビタミンCを補給するのために飲む、原末タイプの粉末を使用します。

 

ビタミンCはアスコルビン酸とも呼ばれていますので、アマゾンや楽天などでも”アスコルビン酸”で検索すると、粉タイプの原末を購入することができます。

 

使い方は、200リットルのお湯に対し、原末を0.2~0.5gです。

わたしが使用しているもの(小林薬品のアスコルビン酸)は、0.5gを軽量できるスプーンが付いていますので、1杯弱を湯船に入れています。

 

実は、入浴剤を使用するよりかなりコスパがいいんです

もちろん、保湿成分は入っていませんが、逆にいうと原末100%ですので、不要な添加物も入っていないと言えます。

とりあえず塩素除去してみたいのであれば、おすすめの方法です。

 

♦ビタミンC(アスコルビン酸)第3類医薬品 小林薬品

05asuK_vitaminC-600x503
画像引用:小林薬品工業株式会社

楽天リンクはこちらから↓

【第3類医薬品】アスコルビン酸K(ビタミンC原末) 100g

♦ビタミンC(アスコルビン酸)第3類医薬品 岩城

products2_vitaminc2_large
画像引用:岩城製薬株式会社

楽天リンクはこちらから↓

【第3類医薬品】イワキ ビタミンC アスコルビン酸 原末 200g

シャワーの塩素除去対策

250.chlorine-03

シャワーヘッドで塩素除去

塩素除去ができるシャワーヘッドは、数多くあります。

塩素を除去する方法としては、

  • ビタミンCによるもの
  • 亜硫酸カルシウムによるもの
  • 活性炭フィルターによるもの
  • セラミックによるもの

などです。

 

選ぶ基準は、ずばりフィルターの交換頻度を確認しましょう。

あっという間にフィルターを交換しなければいけないものは、費用が多くかかります。

(実際に”安い!”と思ってよく見てみると、フィルターが1週間分の水量で終わってしまうものがありました。ちゃんと確認しないとこわいですね。。。。)

 

そして、アトピーの人はやはり肌への効果も確認してくださいね!

 

おすすめのシャワーヘッドはこちらです。

下記二つは、塩素除去能力とフィルターの価格などを比較すると、ほぼ同じくらいのランニングコストです。

ですから、他の効果などで選択するのがいいと思います。

 

ちなみに、わたしは塩素除去+軟水化できる”イオナック”というシャワーヘッドを使用しています。

軟水化については、地域によっては必要ないので、欲しい機能がついているものを使いましょう♪

 

♦アロマセンス9000

画像引用:Aroma Sense

塩素除去ができるシャワーヘッドです。

  • 塩素除去法:ビタミンC
  • 塩素除去能力:12,000リットル
  • 節水率:約30%
  • 価格
    本体:9,800円(税別)
    フィルター:3本で5,000円(税別)

公式サイトはこちらから↓
アロマセンス

♦KIREI-TO(きれいと)

きれいと

  • 塩素除去法:活性炭フィルター
  • 塩素除去能力:40,000L
  • 節水率:約50%
  • 価格
    本体:¥ 9,800−(税込)
    活性炭フィルター:¥3,000−(税込)
    セラミックボールカートリッジ:¥2,500−(税込)4か月毎

公式サイトはこちらから↓
きれいと

 

飲み水の塩素除去対策

249.chlorine-allergy-02

飲み水の塩素除去には、

  • 水道に浄水器をつける
  • ウォーターサーバーを置く

などがあります。

お料理でも水は使用しますので、浄水器の方が使いやすいとは思いますが一か月あたりのコストで選択するのがいいと思います。

まとめ

アトピーの人は、水道水の塩素除去がおすすめです。

シャワーヘッドは高価なものが多いのですが、アスコルビン酸であれば簡単に始めることができますので、是非お試ししてみてくださいね!

 

塩素アレルギーについてはこちらから♪
塩素アレルギーで湿疹や鼻水、かゆみがでる!症状と対策、検査方法や薬を把握しよう!

スポンサーリンク