スーパーフードの一つで有名な「ドラゴンフルーツ」。

便秘解消やダイエット補助、アンチエイジング、貧血予防、むくみ解消、ストレス予防などのさまざまな効果があります。

 

あまり見たことがない人もいるかもしれませんが、そのままでも、サラダなどにも使える食物です。

スポンサーリンク

 

ドラゴンフルーツとは

117.dragon-fruit2

 

ドラゴンフルーツとはメキシコや中南米原産の、多肉植物の一つです。

別名「ピタヤ」とも呼ばれています。

 

古くからメキシコでは、果実だけではなく、花や葉肉も食べられてきましたが、現在、日本では果実のみが食べられています。

淡白な甘みが特徴のフルーツです。

九州や沖縄など温かい地方で栽培されているので、国産のものも手に入り、海外産のものよりも国産の方が、よりしっかりとした甘味があります。

 

ドラゴンフルーツの栄養

ドラゴンフルーツの注目の栄養成分は

  • 食物繊維
  • マグネシウム
  • 葉酸
  • アントシアニン

 

です。

そのほかにも、ビタミンやミネラルが豊富で、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンC、パントテン酸、カルシウム、リン、亜鉛なども含まれています。

 

ドラゴンフルーツの効果・効能

115.yacon4

 

便秘解消・ダイエット

食物繊維が多く、バナナの2倍も含まれていることで、腸を整えて便秘解消に役立ちます。

 

またカロリーが低いことから、ダイエット補助の役割も期待できます。

美肌・アンチエイジング

肌を作るビタミンB群、コラーゲンを作るビタミンC、老化防止効果があるビタミンEが含まれています。
しみやくすみ対策に役立ちます。

 

ポリフェノールの一種である「アントシアニン」の抗酸化作用で、活性酸素を除去しアンチエイジングに役立ちます。

 

普段よくみかける白色の果肉「ホワイトピタヤ」よりも、赤色の果肉の「レッドピタヤ」には、「ベタシアニン」というポリフェノールが含まれています。

「ベアシアニン」は抗酸化力が強いことから、「レッドピタヤ」「アントシアニン」と「ベアシアニン」のダブルの作用が期待できます。

貧血予防

鉄分や血液を作る葉酸が多く含まれ、貧血予防の効果が期待できます。

むくみ解消、ストレス予防

カリウムとマグネシウムが多く含まれるため、ストレスやむくみ解消に役立ちます。

 

ドラゴンフルーツのカロリー

スポンサーリンク

ドラゴンフルーツのカロリーは、100gあたり50kcalと、低カロリーです。

 

1個当たり260gなので、一回に食べれる量で換算すると、半分くらいでしょうか。
低カロリーで食物繊維が豊富なため、ダイエット補助としても役にたつ食品です。

  • 100gあたり:50kcal
  • 1個(260g):130kcal
  • 半分(130g):65kcal

 

ドラゴンフルーツの選び方

ドラゴンフルールにはいくつかの種類があります。

ドラゴンフルーツは追熟(置いといても熟さない)しないので、購入後は早めに食べましょう

 

また、輸入のものは輸送の関係で、熟れていない時期に採られているので、少しでも甘味が強いものがよければ、国産のものを選びましょう

ホワイトピタヤ

117.dragon-fruit4

 

果肉が白く、スーパなどでも見かけるものです。
味は淡白な甘さです。

レッドピタヤ

117.dragon-fruit5

 

果肉が赤いものです。

 

白のものよりは、あまり見かけませんが、たまに売っています。

ホワイトピタヤよりも、ポリフェノールの含有量が多いのが特徴で、味は白とあまり変わりませんが、水分が多いのが特徴です。

ピンクピタヤ

果肉がピンク色で、白や赤よりも甘味が強くフルーティな味わいです。

ゴールデンドラゴン

皮が黄色で、他の種類よりも少し小さいのが特徴です。

味は白や赤のように淡泊な甘さです。

イエローピタヤ

皮が黄色でごつごつしていて、果肉は半透明です。

白や赤よりも甘味があります。

 

ドラゴンフルーツの食べ方

そのまま食べるとき

117.dragon-fruit6

ドラゴンフルーツは、縦半分にきって、スプーンですくって食べます。

お料理に

117.dragon-fruit3

料理に使うときは、ドラゴンフルーツを半分または1/4に切ってから、皮をむきます。

熟していれば、実を反らせることで皮が簡単にとれます。

剥きづらいときは、包丁で剥きましょう。

  • フルーツと盛り合わせる
  • 小さめに切って、サラダに入れる
  • スムージーに入れる
  • ヨーグルトに入れる

 

皮はすりおろして、ドレッシングに加えることでもできます。

 

まとめ

ドラゴンフルーツの効果・効能は

  • 便秘解消・ダイエット
  • 美肌・アンチエイジング
  • 貧血予防
  • むくみ解消、ストレス予防

です。

 

カロリーが低いため、朝食やサラダに気にせずプラスすることができます。

ちょっと高価ではありますが、お試ししてみてくださいね♪

 

スポンサーリンク