スポンサーリンク

 

スパイスの一つである「デュカ」はナッツをはじめとしたさまざまな体によい成分が含まれている食品です。

 

パンにつけたり、衣にしたりとさまざまな使い方があり、またスパイスが効いていてとても美味しくいただけます。

 

いいことづくしの「デュカ」の栄養効果使い方レシピをご紹介します。

 

※先日めざましTVでも紹介されていましたので、是非お試しくださいね!

 

 

 


デュカとは

 

183.dukkah2

出典:オーストラリア・マカダミア協会

 

デュカは中東が発祥のスパイスで、いくつかのスパイスやハーブと塩、ナッツ類などをブレンドしたものです。

 

それぞれの食物の栄養が含まれていること、とても美味しくいただけることで、今年注目のスパイスです!

 

 

 


デュカの栄養と効能

 

デュカはそれぞれの国や地域で、ブレンドする材料が異なります。

日本で手に入るものも、含まれているスパイスやナッツの種類が異なります。

 

よく使われる材料についての栄養や効果をご紹介します。

 

ナッツ類など

 

カシューナッツ

ビタミンB2や鉄、亜鉛が多く、オレイン酸が多いのが特徴。

便秘予防や疲労回復に役立つ。

 

 

アーモンド

ビタミンB2やビタミンE、カルシウム、マグネシウム、鉄分を多く含み、オレイン酸が多いのが特徴。

美容や疲労回復に役立つ。

 

アーモンドの詳しい効果はこちらから♪

美容食アーモンドの栄養と効果は?食べ過ぎ注意はカロリーのせい?!

 

ヘーゼルナッツ

ビタミンB1、B2、Eやカリウム、カルシウム、鉄を多く含む。

疲労回復や健康を保つのに役立つ。

 

 

ピスタチオ

ビタミンB1、E、Kを多く含み、リノール酸やオレイン酸が多い。

アンチエイジングや高血圧予防に役立つ。

 

 

松の実

食物繊維、リノール酸やオレイン酸が多い。
ピノレン酸も含まれる。

便秘防止や冷え性、貧血予防に役立つ。

 

 

ペカンナッツ(ピーカンナッツ)

カリウム、カルシウム、マグネシウムが多い。

アンチエイジングや免疫力がアップできる。

 

 

チアシード

αーリノレン酸や食物繊維が多く、美容や便秘予防に効く。

 

チアシードの効果の詳細はこちらから♪

チアシードの効果は?食べ方にも注意!発芽毒あり!!

 

胡麻

ビタミンA、B、D、Eやカルシウム、リン、鉄、亜鉛、食物繊維を多く含む。

アンチエイジングやダイエット補助に役立つ。

 

 

 

スパイスやハーブ

 

スポンサーリンク

 

スパイスやハーブでよく使われるものです。

苦手なものがあれば、それらが入っていないデュカを選びましょう

お塩もこだわっているものがありますので、購入するまえにチェックを!

 

  • 唐辛子
  • コリアンダー
  • クミン
  • フェンネル
  • 食塩

 

 

 

 


デュカの使い方・レシピ

 

183.dukkah2

出典:Roomie

 

デュカはパンにつけて食べるのが一番多いのですが、他のお料理にも活用ができます。

 

 

デュカのオリーブオイルソース

 

デュカにオリーブオイルをかけたものを活用します。

 

  • パンにぬる
  • 野菜をディップする
  • 肉にかける
  • 魚にかける
  • サラダにかける
  • パスタにかける

 

 

 

揚げ物の衣として使うとき

 

デュカとパン粉の割合を1:1でまぜて、衣にしましょう。

 

サクサク感があって、いつもと違う洋風なできあがりになります。

 

 

 

 

炒めものにまぜる

 

魚やお肉、野菜などの炒め物にまぜることもできます。

できあがり直前にデュカを入れて、さっと火を通す程度でできあがりです。

 

 

 

 


まとめ

 

いつものお料理にプラスするだけで、洋食感がアップする食品です。

デュカに合わせるオリーブオイルは”エクストラバージンオリーブオイル”をおすすめします。

 

 

 

スポンサーリンク