スポンサーリンク

 

体力が落ちているとき、風邪をひいたときにおすすめしたいハーブ「エキナセア」は抗炎症作用があり、免疫力アップが期待できます。

 

花粉症鼻炎アトピーなどのアレルギーの炎症を抑える効果もあるんです。

 

効果が強いため、副作用飲み方に注意が必要です。

 

効果効能や飲み方の注意、副作用についてご紹介します。

 

 

 


エキナセアとは

 

174.echinacea2

 

エキナセアはキク科の多年草でハーブの一種です。

 

紫色の可愛い花をつける、北米原産の植物です。

 

別名「パープルコーンフラワー」や「ムラサキバレンギク」、「プルプレア」とも呼ばれています。

 

古くから、風邪やウイルスに対する薬としても使われてきたハーブです。

 

 

 

 


エキナセアの効果・効能

 

エキナセアは「フラボノイド」が多く含まれていることで、さまざまな効果が期待できます。

 

 

アレルギー

 

エキナセアには抗アレルギー作用や抗炎症作用があること、また、免疫力があがることから、花粉症やアトピーをはじめとしたアレルギー症状の緩和が期待できます。

 

 

 

風邪・インフルエンザ予防

 

エキナセアは免疫力をアップし、ウイルスや細菌の感染を防ぐ、抗ウイルス・抗菌作用があるため、風邪やインフルエンザ予防としての効果があります。

 

 

 

 

その他の効果

 

その他、ストレス対策や歯痛などにも効果があると言われています。

 

 

 

 

 


エキナセアの副作用

 

スポンサーリンク

 

アレルギーの人

 

ブタクサや菊などのキク科の植物にアレルギーがある人は摂取する際は注意が必要です。

 

 

 

胃痛・下痢

 

体が慣れていないと、胃痛や腹痛、下痢を起こす人がいます。

初めは少量ずつ試すようにしましょう。

 

 

 

免疫疾患

 

免疫機能への影響があるため、免疫系の疾患を持った人は摂取を控えましょう。

 

 

 

妊婦、子供

 

効能が強いため、妊婦や12歳以下の子どもも摂取を控えるようにしてください。

 

 

 

 

 


エキナセアの種類

 

174.echinacea3

 

エキナセアには、サプリメントやハーブティー、クリームなどがあります。

 

サプリメント

 

お茶を入れる習慣がない方には、サプリメントがおすすめです。

エキナセア以外に含まれている添加物の成分に気を付けて選びましょう。

 

 

 

 

エキナセアティー

 

ハーブティーは、エキナセア成分のみのものと、いろいろなハーブがブレンドされているものがあります。

 

エキナセア自体の味はクセはあまりありませんが、草の香りがあるため、苦手な方はブレンドハーブティーをおすすめします。

 

また、ブレンドされているものは他のハーブの効果も一緒に摂ることができるので、お得感がアップします♪

 

ブレンドエキナセアティーでおすすめのものです。

ペパーミントやレモングラスなどいろいろなハーブがブレンドされています。

 

174.echinacea4
 

 

エキナセアクリーム

 

174.echinacea

 

エキナセアクリームは、エキナセアが配合されていることで、乾燥による肌トラブルを防ぐ効果が期待できる保湿クリームです。

乾燥肌やアトピーの方におすすめです!

 

 

 


エキナセアの飲み方

 

エキナセアは常に飲むものではなく、風邪をひいたかな?と思ったタイミングや、インフルエンザがはやるタイミング、疲れなどで免疫が落ちてるな。と思ったタイミングに、2週間くらいを目安に摂取します。

 

続けて飲む際は、2週間飲んだら1週間はお休みするのが基本です。

 

 

 

 


まとめ

 

体力が低下しているときにおすすめのハーブです。

冬の風邪・インフルエンザ対策、夏バテや夏風邪対策にも是非試してくださいね!

 

 

 

抗菌力があるマヌカハニーの効果はこちらから♪

抗菌力がすごいマヌカハニーの効果は?発がん性は本当なのか?!

 

スポンサーリンク