スポンサーリンク

 

にんにくは、ガン予防だけではなく、疲労回復や高血圧予防、ダイエット効果も期待できる、すごい食品です。
そのほかにもさまざまな効果があります。

 

栄養豊富で、ビタミンB1、アリシンのうれしい作用がたくさんつまった「にんにく」の力をご紹介します。

 

 


にんにくの栄養

 

 

54.garlic1

 

にんにくはファイトケミカルの宝庫です。
にんにくに含まれる成分の中でも、代表的なものは、ビタミンB1アリシンです。

 

これらの成分が、さまざまな効果・効能を発揮してくれます。

 

 

 


にんにくの効果・効能

 

ガン予防

 

にんにくは、ガン予防に効果がある食品の代表となっています。

アメリカにある国立がん研究所が示した、ガン予防に効果があるとされている野菜をまとめた「デザイナーズフーズ」によると、「にんにく」はもっとも効果が高い部類に含まれています。

 

にんにくに含まれるアリシンをはじめ、アホエンなどにも強い抗酸化作用があります。
抗酸化作用が強いことで、ガンのもととなる活性酸素をやっつける作用があります。

 

また、にんにくを食べることで、免疫力があがりますので、ガンに対する抵抗力が強くなります。

さらに、ジアリルジスルフィドは、胃がんや大腸がん効果があることがわかっています。

 

抗酸化作用が強いことで、抗ガン以外にも、アンチエイジングにも効果が期待できます。

 

 

疲労回復効果

 

にんにくに含まれているビタミンB1は疲労回復効果があります。

 

また、アリシンはビタミンB1と結合すると、アリチアミンに変わり、ビタミンB1の吸収を高めて、疲労回復効果がさらに持続することがわかっています。

 

また、アリシンはデトックス作用があることから、体に有害な物質を排除することにより、疲労回復に一役かっています。

 

 

コレステロールの上昇を抑える

 

スポンサーリンク

 

アリシンの作用で、肝臓のコレステロールを排出させることにより、血中コレステロール値の上昇を抑制する働きがあります。

 

 

高血圧を防ぐ

 

にんにくに含まれる、ジアリルジスルフィドには、血液をサラサラにする効果がありますので、血液の流れをスムーズにし、血圧を下げることができます。

 

また、血液サラサラ作用は、動脈硬化の予防になりますので、血液が詰まることを防ぐことにつながります。

 

 

さまざまな菌の抑制

 

アリシンには強い殺菌作用があります。
この作用で口腔内の細菌を抑える効果があり、歯周病予防に役立ちます。

 

また、ピロリ菌やコレラ菌、チフス菌をはじめ、さまざまな菌を殺菌する作用がありますので、食中毒の予防や風邪予防、インフルエンザ予防にも効果が高いことがわかっています。

 

にんにくは、生のにんにくをすりおろしたときに、殺菌力を効果的に発揮できます。

 

 

消化を促進する

 

にんにくに含まれるアリシンは、胃の働きを活発にする作用があります。

 

にんにくが入っているものは、その独特なにおいから食欲を増すことがわかっています。
食欲を促し、さらに胃の動きも活発にしてくれる効果があるのです。

 

 

ダイエット

 

にんにくにはノルアドレナリンの分泌を促す働きがあります。

ノルアドレナリンは体の中の余分なエネルギーを燃焼することができます。

 

また、アリシンの働きで、糖を分解してエネルギーに変えることから、糖の燃焼が促進されることができます。

これらの働きにより、ダイエットの効果が期待できるのです。

 

 

アレルギー

 

抗酸化作用が強く、免疫力がアップし、消化を促進してくれる効果がありますので、アレルギー体質の人は、もってこいの食品です。

 

にんにくアレルギーがない人であれば、毎日食べることをおすすめします。

 

 

 

その他の効果

その他にも、糖尿病の予防や肝機能の改善などにも効果があることがわかっています。

 

 

 


にんにくの注意

 

刺激が強い

 

にんにくは消化を促進してくれる効果はありますが、にんにくの殺菌作用によりとても刺激が強く、胃腸の弱い人は食べ方や量を注意しないと、胃に負担がかかります。

 

胸やけや胃痛、腹痛が起こり、お腹を壊す場合もあります。

生の状態よりも加熱したものの方が胃に負担はかかりにくくなりますので、ご自分の体質や体調に合わせて、工夫することが大切です。

 

 

 

胃腸に負担が軽い黒にんにくの効能はこちらから

黒にんにくの効能とは?黒にんにくは自宅で作れるのか?!

 

 

 

 

食べ過ぎ

 

にんにくは食べ過ぎると、血液がサラサラ効果がですぎて、血が止まりにくくなることがありますので、一日3片を上限に摂取しましょう。

 

 

 

におい

 

にんにくを食べるときに、やはりついてまわるのは、臭いの問題です。

食べた後から数時間以上~翌日もにんにく臭に悩まされます。

 

 

 

においを消す方法はこちらからどうぞ

にんにく臭い?食べてももう大丈夫!臭いの消し方はこれだ!!

 

 

 


まとめ

 

にんにくの効果は

  • ガン予防
  • 疲労回復
  • コレステロール値さげる
  • 高血圧予防
  • 風邪、インフルエンザ、食中毒対策
  • 消化の促進
  • ダイエット効果
  • アレルギー対策

 

さまざまな効果があるにんにくです。
毎日の摂取をこころがけましょう!!

 

ちなみに、わたしもアレルギー対策と免疫力をあげたいのでにんにくを食べています。

ただ、わたしはあまり胃腸が強くないので、1日おきに、臭いが少ないシソ漬けを食べています。

胃が弱いせいか生のにんにくやネギを食べると、翌日になっても胃からの臭いがすごく、胃痛もおきます。

おそらく、生のにんにくやネギをうまく消化できない体質なのだと思います。

 

自分に合った食べ方で、無理せず続けることが大切です。

臭いや胃の調子が気になる人は、工夫して試してくださいね!

 

 

 

 

スポンサーリンク