乳酸菌にはさまざまな種類があります。

せっかく摂るのであれば、それぞれの機能性を生かしたものをきちんと選択して食べたいところです。

 

特にアレルギーに効果があるビフィズス菌と乳酸菌をご紹介します。

スポンサーリンク

ビフィズス菌と乳酸菌

063. lactic-acid-bacteria2
腸内の菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分類され、善玉菌の数が減って、悪玉菌が増えると健康に害をもたらします。

善玉菌を増やすことで、体調を整えることができるのです。

 

善玉菌には腸内の環境を整えて、さまざまな効果があります。

  • 免疫力をあげる
  • アレルギーの改善
  • アンチエイジング
  • うつ病の改善

 

善玉菌の代表といえば、「ビフィズス菌」と「乳酸菌」です。
よくCMや本などでも見かける言葉ですね。

 

腸内にはビフィズス菌が一番多くすんでいます。

ビフィズス菌は善玉菌の約99.9%を占めているのに対し、乳酸菌は善玉菌の約0.01%以下の割合です。

ビフィズス菌の特徴

ビフィズス菌は主に大腸で活動し、デトックス作用や便秘を防ぎ、腸を整える効果が高いと言われています。

人は年齢を増すごとにビフィズス菌が減ることがわかっていますので、ビフィズス菌を食品から摂取することはとても大切です。

乳酸菌の特徴

乳酸菌は主に小腸を整えることで、免疫力アップなどの効果が期待されます。

乳酸菌の種類にはいろいろな機能性があるものが、次から次へと発見されています。

体調や体の悩みに合わせて、選ぶことが大切です。

 

乳酸菌とビフィズス菌の両方を摂取することが、腸内環境を整えるには効果的だということがわかります。

 

腸内環境の改善方法はこちらから↓
腸内環境の改善方法は?腸内環境を整えるとすごい効果がある!

 

アレルギーに効果があるビフィズス菌と乳酸菌

スポンサーリンク

数ある乳酸菌、ビフィズス菌の中でも、アレルギーの症状緩和に効果があるとされている菌があります。

ヨーグルトやサプリメントで販売されています。

アレルギーに効く乳酸菌

L-92乳酸菌

カルピス社が発見した乳酸菌で、アトピー性皮膚炎、花粉症やアレルギー性鼻炎緩和への作用が確認されています。

フェカリス菌

スギ花粉症やアレルギー性鼻炎症状の緩和が確認されています。

サプリメントが販売されています。

L-55乳酸菌

花粉症、アトピー性皮膚炎の症状緩和が確認されています。

IgE抗体の値も低下することがわかっています。

クレモリス菌

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーの症状緩和が確認されています。

LGG乳酸菌

生きたまま腸へ届き、腸内で長期間定着できる菌です。

アトピー性皮膚炎の症状緩和が確認されています。

乳酸菌ラクトバチルス・パラカゼイ・KW3110株

IgE抗体の増加を抑えて、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーの症状緩和が確認されています。

ヨーグルトは販売されていないので、サプリメントで摂取できます。

アレルギーに効くビフィズス菌

ビフィズス菌LKM512

生きたまま大腸まで届き、ビフィズス菌を増やすことができます。

アトピー性皮膚炎の症状緩和が確認されています。

ビフィズス菌BB536

生きたまま大腸まで届き、ビフィズス菌を増やすことができます。

花粉症の症状緩和が確認されています。

 

まとめ

アレルギーに効くものでも、乳酸菌とビフィズス菌があることがわかりました。

アレルギー以外の効果も含めて、お気に入りの菌を見つけていきましょう。

スポンサーリンク