スポンサーリンク

 

私たちの周りにはカビがたくさん存在しています。
冬の乾燥時期には気にならない存在だったカビが、梅雨の時期を境に一気に繁殖します。

免疫力の高い人であれば、カビの中で生活していてもさほど体に影響はないかもしれませんが、アレルギー体質の人はもちろん、小さなお子さんがいる方はやはり、カビの増殖には注意が必要です。

 

カビがアレルギーの原因となることもありますので、アレルギー体質の人は、特に徹底したカビ対策を心がけましょう。

 

 


カビアレルギーの症状

 

034.mod-1

 

カビは室内、室外に限らずさまざまなところに存在しています。
一番多いカビとしては、クラドスポリウム(クロカビ) が室内であればいたるところに存在しています。

 

特に湿度の高いところにいるのが、アルテルナリア(ススカビ) です。

 

また、以外なことに乾燥に強いカビも存在します。
ペニシリウム(アオカビ) やアスペルギルス(コウジカビ)は乾燥に強いため、梅雨などの時期ではなくても年中浮遊しているということです。
これらのカビの胞子が空気中を飛んでいるため、私たちは常にそのカビを吸い込んでいることになります。
カビの吸い込みや接触によって、発症する症状としては下記のようなものがあります。

 

 

・アレルギー性鼻炎

 

カビの吸い込みによりでる鼻の症状です。
鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状が発症します。

 

 

・皮膚炎(アトピー性、接触性)

 

カビが皮膚へ付着することにより、湿疹や痒みを引き起こすものです。
アトピーではない人でも、接触によって症状がでる場合もあります。

 

 

・アレルギー結膜炎

 

カビの多い時期に目に接触することで悪化する、目の炎症です。赤くなったり痒みを伴います。

 

 

・気管支喘息

 

カビを吸い込むことででる喘息の症状です。
呼吸困難や気管支がヒューヒューする症状が現れます。

 

 

・アレルギー性気管支肺アスペルギルス症

 

アスペルギルスとは、私たちの周りに多く存在しているカビの一種で、通常はこのカビによって病気になることは少ないのですが、小さいお子さんやお年寄り、疲れや風邪などで免疫力が低下しているときに吸い込むと、肺の感染症になることがあります。

 

症状としては、喘息と同じような症状が多く、息を吸い込んだ際に「ヒューヒュー」いうような症状ですが、悪化すると、発熱や息苦しい状態が続くなどの症状を引き起こします。

 

 


アレルギーの原因

 

私たちが生活する室内には、多くのカビが存在しています。

通常カビは、温度5℃~35℃前後の環境で栄養と水分がある状態であれば、発育します。

これらのカビが好む環境では、さらにカビが増えだします。

 

カビが好む環境は、
温度25~30度、湿度75%以上

です。

 

やはり梅雨の季節はもちろん、常に多湿であるお風呂場の注意が必要となります。

 

 


カビアレルギーの治療

 

一般的なアレルギー症状の場合と同じように、アレルギーの症状を緩和する、抗ヒスタミン剤などの薬が処方されます。

 

また、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の場合は、ステロイド内服薬の内服を行います。ステロイドを長期間服用すると副作用がでる場合がありますので、注意が必要です。

 

カビアレルギーの検査はIgE抗体検査で行うことができるので、通常のアレルギーの検査と同様に血液検査で自分の体の中にカビの抗体の有無の確認ができます。

 

血液検査では「真菌/細菌」の項目があります。下記は検査を行うことができる項目です。

 

  • アルテルナアリア
  • カンジダ
  • アスペルギルス
  • クラドスポリウム
  • ペニシリウム
  • ムコール
  • ヘルミントスポリウム
  • マラセチア(属)
  • ピティロスポリウム(マラセチア)
  • トリコフィトン
  • 黄色ブドウ球菌エンテロトキシンA
  • 黄色ブドウ球菌エンテロトキシンB

 

 

アレルギー検査の詳細に興味がある方はこちらをご覧ください↓

「アレルギー検査にかかる費用とアレルギー検査項目のすべて」

 

 

 

 


カビ対策法とカビ対策グッズ

 

スポンサーリンク

 

カビのアレルギーを防ぐためには、カビを増殖させないことが必要不可欠です。
カビ対策に有効な方法をご紹介します。

 

 

お風呂場のお手入れ

 

034.mod-2

 

換気を徹底する

 

まずは入浴後の換気です。
窓がある場合は、窓を開ける。換気扇がある場合は換気扇をつけてください。
入浴後1~2時間が目安です。

 

入浴後すぐは、湯気がこもっていますので、お風呂の戸をあけっぱなしにすると、湯気が浴室以外に広がり浴室以外の部屋の湿度も上がってしまいます。
洗濯機の下などカビが繁殖しやすい別の場所まで、湿度をあげることになってしまいますので、まずは30分程度はお風呂の戸を閉めたまま換気をしましょう。
その後、浴室内の湯気がなくなったら、戸を開けます。

 

 

物を少なく

 

お風呂場にあるものとは何でしょう?
湯船のふた、石けん類、洗面器、お風呂の椅子、スポンジ。。。
そのほかにもいろいろ置いていませんか?心当たりがある人は必要最小限のもの以外はお風呂に置きっぱなしにしてはいけません。

 

物が多いということは、それだけ風通しが悪く、飛び散った汚れが付着しカビの原因となるということです。

 

常に使うもの以外は使用したら、お風呂からひきあげてください。
子どものお風呂用おもちゃなどもプラスチックのカゴなどに入れてタオルの上に置けば、常に置きっぱなしにせずにすみます。

 

 

お風呂の壁を拭く

 

これは面倒な人にはハードルが高いかもしれませんが、お風呂をでる前に壁をタオルやスポンジで拭くとカビ予防に効果的です。

 

壁や天井には小さい水滴が溜まっています。
小さい水滴はそのままにしておくと、蒸発するまでに時間がかかりますので、タオルや吸水性の高いスポンジ(ホームセンターで販売されています)で拭くことで乾燥を速めてくれます。

 

拭くのはきびしい人は、壁に冷たい水をかけるだけでも水滴が流されますので、多少はその後の蒸発をしやすい状態にしてくれます。

お風呂の天井が高い場合は、ムリですが、壁は手の届くところまではタオルで拭くのがお勧めです。

 

 

お風呂のお掃除

 

カビの原因には温度と湿度が関係してはいますが、石けんカスが主にカビの原因になります。

風呂掃除のタイミングはお風呂に入る前にする方が結構多いのではないでしょうか。
カビ予防に効果的なのは、お風呂をでる直前に掃除をすることです。

ご家族でお住いの方は、最後に入った人が掃除をするということになります。

 

体を洗った後に掃除をするのかっ!!とお思いのなる人もいると思いますが、お風呂洗剤を使わなくても水だけでキレイになるスポンジがありますので、スポンジで湯船や浴槽の壁などをこすればいいのです。

洗剤を使ったお掃除は、週に1度とか決まったタイミングで行い、通常はお風呂上り前にスポンジお掃除をすることで、石けんカスなどの汚れがついたまま長時間放置されるのを防ぐことができるため、カビ防止対策となります。

 

また、カビは石けんカスが原因になりますので、ボディソープやシャンプーなどのボトルに付いている出口付近や底の石けんはきちんと洗い流しましょう。

使用したら水で流してから、定位置に戻す習慣をつけるだけでも、石けん置きのカビ防止になります。

 

 

お風呂のスペシャル掃除

 

どんなにキレイにしていても、あるタイミングでカビは繁殖してしまいます。
カビを見つけたらスペシャル掃除が必要です。

 

・黒カビがでてからでは遅い

カビ取り剤は、本来は定期的に行うのがカビ防止には効果的ですが、なかなか大変な家事の一つですので、面倒になりがちですよね。
ただし、カビが黒くなってからのタイミングではなく、ピンクのカビが気になったらすぐにしましょう。

クロカビになってからでは、パッキン部分のカビが取れにくい状態となってしまいます。

 

また、カビ取り洗剤は強い殺菌効果がありますので、体にもいいものではありません。
必ず、メガネ、マスク、ゴム手袋を装着し実施してください。

 

気をつけなければならないのは、やはりカビ取り剤の吸い込みです。
マスクは2重にするか、PM2.5などもカットできるものを使用しましょう。

 

・お風呂の天井も掃除する

なかなかお掃除ができていないのが、お風呂の天井です。
天井のカビは見えていないだけで、天井に付着したカビからの胞子でお風呂場全体がカビが繁殖しやすい環境が作られています。
ですから、天井のカビを退治しないとあっという間にカビが増えてしまいます。

 

 

天井に手が届くのであれば、雑巾に掃除用アルコールまたはカビ取り剤をつけて拭いてください。
天井が高い場合は、フロアモップにキッチンペーパーを装着し、カビ取り剤もしくはアルコールを付けて拭くのが効果的です。

ただし、アルコールで拭いた場合はそのままでもよいのですが、カビ取り剤の場合は、洗剤のゆずぎができませんので、その後に水を浸けたモップで乾拭きが必要です。

 

 


お部屋のお手入れ

 

034.mod-3

 

1.換気が必要

 

花粉や黄砂が飛散している日を除いては基本的にお部屋の換気が必要です。
部屋の中にはカビだけではなく、ホコリやダニなども存在していますので、常に閉め切っていることは、風通しを悪くしカビやハウスダウトがそこに留まりやすくしてしまうことになります。

 

また、湿度が高いところ、台所やトイレ、お風呂場などは換気をしないと湿気がこもってカビの原因となります。

窓が開けられないときは、キッチンの換気扇を付けるだけでも換気ができますので、心がけましょう。

 

 

2.湿度をキープ

 

湿度を60%以下にキープ
もちろん、40%を下回ると乾燥しすぎですので、40~60%の湿度を保つように心がけましょう。

 

お部屋は季節によって、除湿器、加湿器を使用して湿度の管理が必要です。
クローゼットや押し入れの中には、湿気取りや乾燥材を使用しましょう。

 

寒い時期は窓の結露もカビの原因になります。
窓パッキンに黒いものが付いていませんか。それはカビです。
窓の結露も頻繁にタオルや吸水性の高いスポンジで拭きいつもキレイにすることが必要です。

 

 

3.室内干し

 

梅雨や長雨の時期の悩みの種が、洗濯物の室内干しです。

湿度があがりすぎた状態で干していると、洗濯物の生乾きで異臭騒ぎが勃発?します。

室内干しの生乾き臭を防ぐためには、短い時間でパット乾かすことが必要になってきます。
なかなか乾かないことで、菌が繁殖してしまい異臭が発生します。

対策としては

 

・タオルや厚手の衣類は乾燥機を使う

乾燥機を持っている人しかできませんが。。

 

・厚手のものを使わない

厚手の生地は乾きずらくなりますので、タオルもなるべく薄手のものを使用しましょう。

 

・なるべく閉め切って、扇風機(サーキュレーター)と除湿器を併用する

風を当てる、除湿するのが鉄則です。
大きな部屋だと、湿気が部屋全体に広まり除湿器の効果も弱まりますので、閉め切って一気に乾かすのがいいでしょう。

 

・香りがキツイ柔軟剤を使わない

あれ?逆じゃないの?と思う人がいると思いますが、菌が繁殖しているほど柔軟剤や洗剤のニオイはきつく残ります。外でお日様に干したタオルと、室内で時間をかけて干したタオルでは、柔軟剤や洗剤のニオイの強さは全然異なります。

柔軟剤のニオイでごまかすのが、狙いかもしれませんが、いつもより洗濯物の香りを強く感じたら菌が繁殖してきている証拠です。

 

 

4.生乾き臭が起きたら

 

一度、乾かすのに失敗した衣類はいつまでも臭いが取れなくなってしまいます。

その場合の対策を紹介します。

 

・乾燥機を使う

乾燥機を3~4回使用するともとに戻ります。

 

・酸素系粉末漂白剤に漬ける

色柄があっても使用できる漂白剤があります。
ただし、液体のものではなく粉末のものがお勧めです。
実は液体よりも粉末漂白剤の方が黄ばみなどの汚れを落とす効果が高いのです。黄ばみ、黒ずみの漂白や、衣類の消臭効果があります。

 

普段から室内干しの時期は常用するのがお勧めですが、臭いが付いてしまった場合には洗面器などに粉末洗剤を溶かして30分以上のつけおき洗いが効果的です。

 

・熱湯消毒

レストランなどのおしぼりで熱湯食毒しているものを見かけることがあります。まさにこの方法で菌をやっつけることができます。
お鍋でぐつぐつ煮た後に、絞るか脱水します。

 

さすがに料理用のお鍋でタオルを煮るのは気になりますので、私の場合は専用のお鍋を購入しました。

9.4ℓ、30cmのお鍋です。

お鍋でタオルを10分ほどグツグツ煮てから、冷めるのを待ち、洗面器を使い洗濯機へ移動して脱水しました。

 

画像は折ったタオルをお鍋に入れて煮沸消毒しているところです。

吹きこぼれが起きるので、お鍋から目を離さずに割りばしなどで位置を変えながら、沸騰後約5分煮てみました。

また、30分ほど冷ましてもまだまだ熱いので、ゴム手袋で洗面器に移すのがよいでしょう。

火傷にはくれぐれも気を付けてくださいね。

towel

 

ちなみに、私はいろいろな方法を試しましたが、しつこい臭いには、熱湯グツグツが一番効果的でした。
他の方法では2~3回の使用で生乾き臭が戻ってしまったのですが、熱湯グツグツでは臭いがすっきり無くなったので、どうしても困ってしまった臭いのときには試してみてください。

 

 


まとめ

 

カビの対策にはもちろん普段のお掃除を心がけることは大切ですが、湿度を上げすぎないことが一番のカギとなります。

アレルギー体質の人はもちろん、環境が悪いと呼吸器の病気になる可能性もありますので、カビ退治を徹底してくださいね。

 

 

スポンサーリンク