スポンサーリンク

 

スーパフードの一つである「モリンガ」。

 

90種類以上の栄養成分が含まれており、期待できる効能は、便秘解消・ダイエットやアンチエイジング、疲労回復・免疫力アップ、アレルギー対策など、体にとても嬉しい食品です。

 

オイルやパウダー、お茶などがありますので、食べ方もご紹介します。

 

 

 

 


モリンガとは

 

121.moringa2

 

モリンガはインドやスリランカ原産のワサビノキ科の植物です。
葉だけではなく、さやや種子、茎や花、根も食べることができます。

 

古くから生薬として使われており、「ミラクルツリー」とも呼ばれる栄養成分がたっぷり含まれたスーパフードの一つです。

 

 

 

 


モリンガの栄養成分

 

121.moringa4

 

モリンガの注目の成分は

 

  • ビタミンB2
  • カルシウム
  • タンパク質
  • 食物繊維
  • GABA
  • カルシウム

 

です。

 

その他にもビタミン、ミネラルを含む90種類以上の栄養成分が含まれています。

 

また、アミノ酸バランスがとてもよく19種類のアミノ酸が含まれています。

 

 

 

 


モリンガの効能

 

115.yacon4

 

便秘解消・ダイエット

 

モリンガには食物繊維が豊富なことや、デトックス作用が強いことから、体内にたまった毒素を排出し、腸の調子を整えてくれます

 

また、モリンガには血糖値をさげる働きがあることから、ダイエットに役立ちます。

 

 

 

アンチエイジング

 

ポリフェノールやビタミンEが豊富であることで、抗酸化作用が強く、しみやしわを防ぎ、老化防止に役立ちます

 

また、モリンガの強い抗菌作用で、肌荒れのないキレイな肌へ導いてくれます

 

 

 

疲労回復・免疫力アップ

 

スポンサーリンク

 

抗酸化作用が強いので、ガン予防や免疫力アップ効果が期待できます。

 

 

 

アレルギー対策

 

モリンガには抗アレルギー作用があると言われています

 

また、GABAにはアレルギーを悪化させる原因の一つであるストレスを抑える効果もありますので、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー体質の人にもおすすめしたい食品です。

 

 

 

 


モリンガの食べ方

 

121.moringa3

 

パウダータイプ、お茶、オイルがあります。

 

オイルはモリンガの種を絞ったもので「モリンガシードオイル」と呼ばれています。

 

 

パウダータイプ

 

何のお料理にもプラスでき、簡単に摂れるのでとても便利です。

 

  • 牛乳、豆乳とミックスして飲む
  • ジュースやスムージーにする
  • 味噌汁やスープにプラス
  • クッキーやパンケーキの生地に混ぜる。

 

 

お茶

 

茶葉またはティーパックのものが選べます。

出がらしも活用できるので、二度お得感を味わえます。

 

 

出がらしはそのまま肉料理のスパイスとして使ったり、乾燥させてふりかけにしたりできます。

 

また乾燥したものをお茶袋に入れて、下駄箱などの臭いけしに使うこともできます。

 

 

 

モリンガオイル(モリンガシードオイル)

 

モリンガオイルは、お料理に使う際は、熱に弱い成分が多いため、ドレッシングや納豆にそのままプラスするなど加熱しないで使うのがおすすめです。

 

また、お料理以外にも、化粧品として髪や肌のスキンケアに使うことができます。

保湿効果があり、ヘアパックや肌に直接塗ったりもできるんです。

 

体に塗るときには、1~2滴程度を手に取ってから塗るようにしてください。

量が多いと、さすがにベタつく原因になります。
モリンガオイルが配合された化粧品も販売されています。

 

 

 

 


モリンガの注意点

 

血液サラサラの薬(ワーファリン)の効果を弱める成分が入っているため、一緒に摂取するのは控えてください。

 

 

 

 


まとめ

 

モリンガの効能は

 

  • 便秘解消・ダイエット
  • アンチエイジング
  • 疲労回復・免疫力アップ
  • アレルギー対策

 

です。

 

 

パウダーやお茶で摂ることができるので、簡単に始めらるスーパフードです♪

 

 

スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村