スポンサーリンク

 

オリーブオイルはそのまま飲むことができ、太りにくいのが特徴のオイルです。

 

悪玉コレステロールをさげて、血液サラサラ効果や、ガン予防、老化防止、ダイエット効果もあるんです。

揚げ物にもオリーブオイルがおすすめです。

 

 

オリーブオイルの効果や使い方、カロリーについてもご紹介します。

 

 

 

 


オリーブオイルの成分

 

153.olive-oil2

 

オリーブオイルはオリーブの実をしぼってとれる油です。

 

オリーブオイルは脂肪酸の70%以上が「オレイン酸」で作られているオイルです。

 

オリーブオイルの注目の成分は、

 

  • オレイン酸
  • ビタミンE
  • ポリフェノール

 

です。

 

 

 

 


オリーブオイルの効果・効能

 

121.freekeh4

 

コレステロールをさげ、血液サラサラに

 

オリーブオイルに含まれる、オレイン酸には、血中の善玉コレステロールは下げずに、悪玉コレステロールのみを減少させる働きがあります。

 

また、血液の流れをスムーズにしてくれる作用で、動脈硬化の予防もしてくれます。

 

コレステロールを下げるためには、非加熱で使用するのが効果的です。

 

 

 

 

ガン予防・老化防止

 

オリーブオイルに含まれる「ビタミンE」と「ポリフェノール」の抗酸化作用で、ガンの原因となる活性酸素を除去することができ、ガン予防ができます。

 

特に乳がん予防に効いたというデータがあります。

 

また、肌を若返らせ、アンチエイジングにも効果があります

 

 

美容に使用する際は、食用だけではなく、お化粧をおとす際のクレンジングとしても利用できます

 

 

 

 

ダイエット効果

 

オリーブオイルの「オレイン酸」は満腹感を強くする働きや、中性脂肪がつきにくくなる効果があります。

 

食前に摂ることで、食べ過ぎ予防になります。

もちろん、お料理にプラスしてもダイエット効果が期待できます。

 

 

ダイエットのため、食前に摂る場合は、食事の1時間前に小さじ1~2杯を飲むことで効果が期待できます。

 

飲みづらい場合は、カロリーの低い飲み物にまぜて飲みましょう。

 

 

 

 


オリーブオイルのカロリー

 

スポンサーリンク

 

オリーブオイルのカロリーは大さじ1杯あたり”111kcal”です。

 

  • 大さじ1(12g):111kcal
  • 小さじ1(4g):37kcal

 

他の油とほとんど同じくらいのカロリーで、低くはありませんので、摂りすぎには注意しましょう。

 

一日の摂取目安は大さじ2杯までです。

 

 

 

 


オリーブオイルの使い方

 

153.olive-oil3

 

加熱OKの油

 

オリーブオイルの成分は加熱をしても酸化しないので、炒め物や揚げ物などの加熱料理に使うことができます。

 

お惣菜や外食で使われているサフラワー油をはじめとしたほとんどの油には、オメガ6脂肪酸が多く含まれています。

 

オメガ6脂肪酸は、日本人は摂りすぎの傾向があるため、控える必要があること、また、実は加熱すると酸化することから、加熱料理には向いていないのです。

 

ですから、「揚げ物が体によくない」というのは、使っている油が高温調理に向いていないことが原因です

 

オリーブオイルを揚げ物に使うことで、酸化した油を使わずに揚げ物をすることができます

 

 

 

 

使い方

 

加熱のほか、もちろんそのままお料理にかけたり、あえたりもできる万能オイルです。

 

  • サラダにかける
  • ビザにかける
  • ドレッシングにまぜる
  • 炒めものに使う
  • 揚げ物に使う

 

 

 

 


まとめ

 

オリーブオイルを使うことで、揚げ物だって体に悪くなくなります。

 

アレルギーを悪化させると言われている油はオメガ6脂肪酸ですので、オメガ9脂肪酸の「オリーブオイル」はアレルギー体質の人にもおすすめできる油です。

 

 

健康をめざすため、今日から油はオリーブオイルに変えてみては!!

 

 

加熱料理には、マカダミアナッツオイルもおすすめです。

肌を再生するマカダミアナッツオイルの栄養は?食べてもぬってもツルツルに!!

 

 

体によいオイルはこちらから♪

体に良い油は何?選び方は?油を変えればアレルギーが軽減する?!

 

スポンサーリンク