スポンサーリンク

 

スーパフードの一つである「ライスミルク」。

 

ダイエット効果が期待できる食品です。

そのほかにも、美肌、便秘解消、安眠などの効果もあり、グルテンアレルギーや牛乳アレルギーの人でも安心して飲むことができます。

 

自宅で簡単に作ることができますので、作り方もご紹介します。

 

 

 

 


ライスミルクとは

 

119.rice-milk2

 

ライスミルクとは米を使って作られたミルクのことです。

玄米を発酵させて作られたものと、米粉を水に浸して濾過したものがあります。

 

 

牛乳や豆乳と同じように飲むことができ、「第3のミルク」とも呼ばれています。

 

白米よりも玄米を使ったものの方が栄養価が高くなります。

 

家庭でも作ることができる体や美容にとてもよいミルクです。

 

 

 


ライスミルクの栄養

 

玄米を発酵させたものは、玄米がもつ栄養成分が凝縮されているのが特徴です。

 

  • 炭水化物
  • ビタミンE
  • 食物繊維

 

 

玄米の効果はこちらから♪

 


ライスミルクの効果

 

115.yacon4

 

美肌

 

皮膚を作るビタミンB6や、抗酸化作用が強いビタミンEの働きで美肌効果が期待できます。

 

 

 

便秘解消

 

食物繊維が豊富ですので、腸内環境を整えて、便秘解消や便秘予防に効果的です。

 

 

 

ダイエット

 

お米を使っているため、低脂肪、コレステロールがゼロなので、ダイエット効果が期待できます。

 

またビタミンB1やビタミンB2の効果で、脂肪の分解と代謝を促してくれます。

 

ただし、お米の炭水化物が気になりますよね。
炭水化物はどうしても太るのでは?と疑問に思います。

 

もちろん牛乳代わりに飲むのであれば、低カロリーではありますが、おやつとしてゴクゴク飲むのはどういうものかと。。

 

実は炊いていない米はレジスタントスターチという難消化性デンプンでできています。

これは、消化に時間がかかり、血糖値がすぐに上昇しない特徴を持っているため、炊いたお米と違いダイエットに向いているのです

 

 

難消化性のデンプンのカロリーは普通のデンプンの半分です。

 

 

ただし、自宅などで炊いたお米から作ったライスミルクはカロリーが上がってしまいます。
そこで、冷やして飲むことをおすすめします。

冷やすことで、デンプン化したものの一部が難消化性デンプンに戻ります。

 

 

冷やご飯ダイエットというがあるように、デンプンの状態を変えることで、体への作用がわかるのです。

 

 

 

安眠

 

GABAが豊富に含まれているので、リラックス効果が期待できることから寝る前に飲むと安眠の効果が期待できます。

 

 

 

アレルギー対策

 

お米からできているため、グルテンフリーですので、グルテンアレルギーの人でも安心して飲むことができます

また、牛乳アレルギーの人も飲むことができます

 

牛乳アレルギーではなくても、牛乳を飲むとおなかを壊すような人も、牛乳の代わりになります。

 

 

 

 

 


ライスミルクの作り方

 

スポンサーリンク

 

ライスミルクはドリンクタイプのものが販売されていますが、ご家庭で作ることも可能です。

 

 

米粉でつくる

 

119.rice-milk4

 

材料

  • 米粉、または玄米粉:大さじ2
  • 水:200ml

 

 

手順

  1. 材料をよく混ぜてできあがります。

 

※栄養価の面から、玄米粉を使うことをおすすめします。

 

 

米でつくる

 

brown-rice1

 

材料

  • 玄米:大さじ2
  • 水:250ml
  • 塩:少々

 

手順

  1. 玄米を水にひたします。(夏は2日程度、冬は3日程度)
  2. 水けを切ったら、水と塩合わせて、ミキサーまたはブレンダーでお米が完全になくなるまで混ぜます。

 

 

 

炊いたご飯でつくる

 

047.millet3

 

材料

  • 炊いたご飯:1膳 (150g)
  • 水:750cc

 

手順

  1. 材料をミキサーで混ぜてできあがりです。
  2. 米の粒が気になる場合は、濾してください。

 

 

※炊いたご飯はカロリーが高くなりますので、ダイエット補助にはあまりおすすめできません。

血糖値の急激な上昇を抑えるために、冷やして飲みましょう。

 

 

 

 

 


ライスミルクの注意点

 

  • 玄米や白米から作った場合は、菌が繁殖する可能性があるため、すぐに飲んでください。

 

  • ライスミルクはカルシウムが少ないため、ダイエットのために飲む場合は、他の食品を合わせて、ビタミン、ミネラルのバランスを整えましょう。

 

 

 


ライスミルクの飲み方

 

119.rice-milk3

 

そのまま飲んでもいいのですが、ヨーグルトとやシリアルとミックスしたり、スムージにして飲むのもおすすめです。

 

シナモンをプラスしても美味しくいただけます。

 

 

 

 


まとめ

 

ライスミルクの効果は

 

  • 美肌
  • 便秘解消
  • ダイエット
  • 安眠
  • グルテンアレルギー・牛乳アレルギー対策

です。

 

市販のライスミルクは高価なものが多いため、玄米粉から作るのがおすすめです。

 

 

 

玄米の効果はこちらから♪

 

スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村