エビやカニなどを食べて発症する甲殻類アレルギーは、除去しなければいけない加工食品がとてもわかりづらく、日常生活において特に注意が必要な”食物アレルギー”の一つです。

また、今までは食べていたのにある日突然発症するケースもあるため、口の中やその他のアレルギーっぽい症状がでた場合は、アレルギー検査も検討する必要があるかもしれません。

 

甲殻類アレルギーの症状原因、アレルギーが起きる可能性がある食物の種類検査治療食品表示についてご紹介します。

スポンサーリンク

甲殻類アレルギーとは

179.shellfish-allergy2

食物アレルギーの詳細についてはこちらから♪
食物アレルギーの原因は?アレルゲンとなる食品の種類はなに?

 

甲殻類アレルギーは、エビやカニなどの甲殻類を摂取または接触することで、アレルギー症状がでるものです

 

食物アレルギーの3大アレルゲンである、卵、牛乳、小麦は乳児、幼児で発症し、年齢があがると症状が緩和されるケースが多いのですが、甲殻類アレルギーは一度発症すると、その後症状が治まるケースは少ないと言われています

 

また、成人期で発症するケースも多いアレルギーです。

甲殻類アレルギーの症状

142.herpes-zoster2

甲殻類アレルギーは即時型アレルギーの発症が多くを占め、甲殻類を摂取または接触してから、1時間以内にアレルギーが発症します

 

主な症状は、

  • 口内の違和感、かゆみ、腫れ、イガイガ感
  • 目の充血、かゆみ、腫れ
  • 鼻の症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)
  • 皮膚のかゆみ
  • 発疹
  • 蕁麻疹
  • 腹痛・下痢
  • 嘔吐
  • 呼吸困難
  • 意識障害
  • アナフィラキシー

です。

重篤な症状の場合は、呼吸困難や意識障害、アナフィラキシーショックを起こす可能性もあります。

 

また、エビやカニなどの甲殻類を摂取したあとに、運動をすることで起きる「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」を起こす可能性がある食物です。

 

アナフィラキシーショックについてはこちらから♪
アナフィラキシーの症状とは?起きたときの対応はすぐに!!

 

蕁麻疹の症状についてはこちらから♪
蕁麻疹の原因と症状、対処法と薬は?アトピーと蕁麻疹は違う?!

甲殻類アレルギーの原因

甲殻類アレルギーは、エビやカニなどに含まれるタンパク質「トロポミオシン」が主な原因となって発症します。

 

「トロポミオシン」は熱に強いため、加熱したとしてもアレルギーを起こすタンパク質の成分量に変化はありません

ですから、「トロポミオシン」が原因の場合は、ボイルなどの調理をしていたとしても、アレルギー症状がでる可能性があるということです。

 

また、「トロポミオシン」はタコやイカ、貝類、ゴキブリ、ダニにも含まれているタンパク質ですが、エビにアレルギーがあったとしても必ずしも、タコやイカなどにアレルギー症状がでるとは限りません

甲殻類アレルギーの種類、注意する食材

179.shellfish-allergy3

甲殻類アレルギーで注意が必要なのは、下記の食物です。

主に同じタンパク質を持っている食物です。

  • エビ
  • カニ
  • ロブスター
  • タコ
  • イカ
  • 貝類

 

エビとカニやロブスターは交差抗原性が!

lobster

タンパク質の構造が似ている食物同士では、一方にアレルギーがでると、もう一方にもアレルギー反応を起こす場合があります。

このことを「交差抗原性がある」いうのですが、”エビ”と”カニやロブスター”の間にも交差抗原性があります。

 

エビにアレルギーがある場合は、カニやロブスターにも症状がでる可能性が極めて高いと言われています。

甲殻類アレルギーの検査

スポンサーリンク

甲殻類アレルギーは、IgE抗体検査という血液検査と、皮膚のテストで確認することができます。

IgE抗体検査

採血を行い、甲殻類のタンパク質に対して抗体があるか、抗体値がどの程度かを確認する検査です。

 

血液検査で確認可能な甲殻類、軟体動物、貝類は下記です。

  • エビ
  • カニ
  • ムラサキイガイ(ムール貝)
  • イカ
  • タコ
  • ロブスター
  • アサリ
  • カキ(牡蠣貝)
  • ホタテ

エビの抗体値が高いとカニも高い傾向があります。

皮膚テスト

アレルゲンエキスを皮膚に接触させて反応を確認する、「プリックテスト」、「スクラッチテスト」があります。

検査可能なアレルゲンは、

  • エビ
  • カニ

です。

 

アレルギーの検査についてはこちらから♪

アレルギー検査にかかる費用とアレルギー検査項目のすべて 

アレルギーではない場合も

頭をかかえている女性の画像

カニやエビ、イカ、タコは鮮度がおちると、「ヒスタミン」というアレルギーに似た症状を起こす物質が増えてきます。

 

この物質が原因になり、蕁麻疹が発症する場合があります。

このヒスタミンが原因で蕁麻疹が起きる場合は、アレルギーではない可能性もあります。

甲殻類アレルギーの治療

アレルゲンであるカニやエビ、イカなどをさけることが必要です。

 

また、アレルギーを抑える薬を飲むこともできます。

 

アレルギーの薬はこちらから
アトピー性皮膚炎に効く「飲み薬」の種類と副作用

 

甲殻類が含まれる加工食品とは?かまぼこにも注意!

179.shellfish-allergy4

甲殻類を使用した加工食品は一見わかりづらいものが多いので、食品表示を必ず確認しましょう。

  • ちりめんじゃこ
  • しらす
  • かまぼこ
  • ちくわ
  • えびせん
  • えびせんべい
  • イカフライ
  • イカ墨

などがあげられます。

甲殻類の加工食品表示

179.shellfish-allergy

えび、かには特定原材料7品目として、加工食品への表示が義務付けられている食物です。

 

また、いかについては表示が勧められている食物です。

  • えびは、えび・エビ・海老
  • かには、かに・カニ・蟹
  • いかは、いか・イカ

 

と表示されます。

アレルギーがある場合は、必ず食品表示を確認しましょう。

まとめ

大人になってから、突然甲殻類アレルギーが発症するケースも多くあります。

 

エビやカニは皮を剥く際にも接触することになりますので、注意してください。

 

アレルギーになる本当の理由はこちらから♪
私たちがアレルギーになった本当の原因は?原因は解明されている!

 

食物アレルギーについてはこちらから♪
食物アレルギーの原因は?アレルゲンとなる食品の種類はなに?

スポンサーリンク