スポンサーリンク

 

アトピーや花粉症に効くとされているお茶は、結構な種類があります。

 

人によってそれぞれ効き目があるもの、ないものがありますので、自分に合った、そしてアトピーなどのアレルギーに効果があるものを選ぶことが大切です。

 

もちろん毎日続けるためには、味も大切な選択基準になります。

 

 

 


アレルギーに効くお茶

 

さまざまなお茶の中で、抗アレルギー作用、抗炎症作用、抗酸化作用が高いものがアトピーをはじめとしたアレルギーに効くと言われています。

 

水分は毎日摂るものですから、せっかくならアトピーの症状緩和に少しでも役立つものを飲みたいものです。
アトピーに効くお茶をご紹介していきます。

 

 

緑茶

 

087.tea-3

 

アレルギーの効果

緑茶に含まれるカテキンには抗アレルギー作用があることがわかっています。また、抗酸化作用がとても高いことから、アレルギーへの効果が期待されています。

 

 

緑茶のさまざまな効果・効能はこちらからどうぞ!

 

 

 

柿の葉茶

 

087.tea-5-kaki

 

アレルギーの効果

柿の葉に含まれるタンニンは抗酸化作用が強く、免疫力をあげる効果があることで、アトピーや花粉症などの症状を緩和させる効果が期待できます。

 

また、フラボノイドの一つである「アストラガリン」は痒みの原因となるヒスタミンを抑える働きがあります。

 

ビタミンCも豊富で美容にもよいお茶です。

 

その他の効果

血圧を下げる、ダイエット効果が期待されています。

 

 

 

ドクダミ茶

 

087.tea-4-dokudami

 

アレルギーの効果

ドクダミに含まれるフラボノイドが活性酸素を除去してくれること、ソクエルシトリンの血行促進とデトックス効果によって、アレルギーに効果があると言われています。

 

その他の効果

血圧を下げる、ダイエット効果、便秘予防や胃を守る効果が期待されています。

 

 

 

 

ルイボスティー

 

087.tea-6-ruibosu

 

アレルギーの効果

ルイボスティーはハーブティーの1種です。

アトピーや花粉症の症状を緩和させる効果があります。

 

ルイボスティーに含まれる成分「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」には強い抗酸化作用があること、毒素を体外へ排出しデトックス効果が高いことで、活性酸素を除去できるので、アレルギーの改善に効果があります。

 

また、ケルセチンが皮膚などの痒みを引き起こすヒスタミンを抑える働きがあります。

 

その他の効果

肌荒れ解消や、冷え性対策、ダイエット、更年期障害改善にも効果が期待されるお茶です。

 

ルイボスティーはお茶として飲むこと以外にも、お風呂の入浴剤として煮だしたものを入れると、アトピー性皮膚炎に効果があります。

 

 

ルイボスティーの詳細についてはこちらから♪

アトピー・ダイエットの味方ルイボスティーの効能は?副作用に注意!?

 

 

 

ハト麦茶

 

087.tea-7-hatomugi

 

アレルギーの効果

ハト麦茶(ハトムギ茶)は消炎作用がありますので、アトピーや湿疹などへの効果が期待できます。

 

 

その他の効果

美肌効果や冷え性予防に効果があると言われています。

 

 

ハトムギ茶の詳細についてはこちらから♪

アトピーに効果抜群のハトムギ!効能と使い方は?穀物でもお茶でも?!

 

 

 

甜茶

 

スポンサーリンク

 

アレルギーの効果

甜茶に含まれる成分「GOD(甜茶ポリフェノール)」は、皮膚などの痒みを引き起こすヒスタミンを抑える働きがあります。

また、抗炎症作用があることがわかっています。

 

 

その他の効果

ダイエット効果や口臭予防、咳を止める効果があると言われています。

 

 

 

甜茶はお茶の他、サプリメントも販売されています。

 

 

 

シジュウム茶

 

アレルギーの効果

シジュウム茶に含まれるタンニンには、抗酸化作用があること、免疫力をアップする効果があることから、アトピーや花粉症などのアレルギーの症状を緩和させる効果が期待できます。

 

また、痒みを引き起こすヒスタミンを抑える働きがあることもわかっています。

 

 

その他の効果

美白効果やダイエット効果が期待できるお茶です。

 

 

 

シジュウム茶は飲むほかに、入浴剤やクリームも販売されています。

 

 

 


アトピーに効くお茶を選ぶ基準

 

tea

 

 

長く続けるには、味が自分の好みであることが大切です。

初めて飲むお茶は、今まで飲んだことがない味だったりして違和感がありますが、1週間程度飲んでいると、その味に慣れていきます。

 

1週間飲んでも、飲むのがツライというのであれば、違うお茶を選ぶのがよいでしょう。
毎日美味しく飲めることが一番重要な点です。

 

 

昔青汁がまずかった頃には、初めは頑張れるがだんだんとフェードアウトしていくことが多かったと思います。
ですから、今の青汁はとても飲みやすい味に変化しています。
美味しいことは大切だということです。

 

 

3か月以上飲む

 

お茶は薬ではありませんので、飲んだからといって即効性はありません。
ですから、最低でも3か月以上は試してみましょう。

 

その間の何らかの体調の変化があれば、さらに3か月という風に3か月単位で体の変化を気にするようにしましょう。

 

 

 

高価なものがよいわけではない

お茶は産地や種類、流通の多さによって、かなり高価なものもあります。
もちろん、無農薬を選ぶために多少高価になる場合はやむをえませんが、高いものが必ずしも効果があるというわけではありません。

 

毎日飲むことを考えて、価格もムリをしない範囲で選びましょう。

 

 

お茶を変えてみる

 

一つのお茶を半年以上飲んでいても、特に効果がわからない場合は、他のお茶を試してみるのがよいでしょう。

 

もちろん、お茶自体にはアトピーや花粉症などのアレルギー緩和以外にも、いろいろな効果が期待できますので、飲み続けてもよいのですが、何種類ものお茶を同時に飲むことは現実的にきびしいと思います。

 

ですから、目安を決めて異なる種類のお茶を試してみてください。
気分転換にもなり、楽しいですよ。

 

 

 


まとめ

 

アトピー、花粉症に効くお茶はいろいろあります。
自分の体に合ったものを是非見つけてほしいです!

 

 

アトピーに効く食べ物はこちらから

アレルギーに効く食べ物は?花粉症やアトピーの症状が緩和する?!

 

スポンサーリンク