まだまだ知名度が低い「ウィートグラス」は海外では青汁として有名なスーパーフードです。

ウィートグラスは、デトックスダイエット、血液サラサラ、高血圧予防、美肌、アンチエイジング効果、貧血予防などの効果が期待できます。

 

甘く飲みやすいと言われているウィートグラスの栄養効果使い方副作用をご紹介します。

スポンサーリンク

ウィートグラスとは

172.wheatgrass2

ウィートグラスは、小麦若葉のことで小麦の若い芽のことを言います。

ウィートグラスの約70%は抗酸化作用が強い葉緑素(クロロフィル)で構成されています。

 

海外では青汁として飲まれており、日本の青汁よりも甘みが強く飲みやすいのが特徴です。

ちなみに、日本の青汁で使われているのは、主に”ケール”や”大麦若葉”です。

 

ウィートグラスの栄養

ウィーグラスに含まれる主な栄養成分、機能性成分は、

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • マグネシウム
  • カルシウム
  • 亜鉛
  • カリウム
  • リン
  • 食物繊維
  • クロロフィル
  • ギャバ

です。

これらの他にも多くのビタミン、ミネラルが含まれています。

 

最も注目される成分はやはり「クロロフィル」です。

クロロフィルは植物の緑色の色素成分であり、抗酸化作用が強く、血中脂質を正常化したり、ガンを予防する効果、消臭、殺菌効果があります。

 

ウィートグラスの効果・効能

スポンサーリンク

デトックス・ダイエット

ウィートグラスの「クロロフィル」は、強いデトックス作用があります。

 

体内の毒素を排出することで、血流があがり、基礎代謝アップへとつながります。

むくみ予防やダイエットの効果が期待できます。

血流をスムーズに

クロロフィルは血中脂質を正常化することで、コレステロールを下げ、血液をサラサラにすることができます。

また、ギャバにはストレスを緩和したり、血圧を下げる効果があります。

 

これらの働きで高血圧や、動脈硬化予防に役立ちます。

美肌・アンチエイジング

殺菌効果が高いことで、ニキビ予防になります。

デトックス作用や抗酸化作用、ビタミンC、ビタミンEの働きで、ターンオーバーを正常に保ち、シミやしわ予防、老化防止に役立ちます。

 

また、抗酸化作用の働きで、白髪予防にも効果があると言われています。

貧血予防

クロロフィルは、血液を作る働きがあるため、貧血予防に効果があります。

その他の効果

その他にもさまざまな効果が期待できます。

  • 口臭、体臭予防
  • ガン予防
  • 虫歯予防

 

ウィートグラスの副作用

144.anisakis2

グルテンを含む?

小麦が原料ですが、小麦若葉は葉の部分ですので、グルテンはふくまれていません

ただし、パウダーなどの製造過程で100%グルテンが混入していないかはわかりませんので、グルテンアレルギー、小麦アレルギーの人は控えるか、安全性の高いものを購入しましょう。

お腹の調子

体が慣れていないうちは下痢になる場合があります。

様子を見ながら少量から始めるようにしてください。

 

ウィートグラスの使い方

129.barley-grass3

海外では、生の野菜の状態でウィートグラスが手に入りますが、日本では販売されていないため、パウダータイプのものを購入しましょう。

 

ウィートグラスパウダーは、水や牛乳、豆乳などを加えてジュースやスムージーとして飲むことができます。

 

栽培が可能の方は、熱処理が入らない生の方が実はおすすめです。

ちなみに、種も販売されていて室内での栽培が可能です。

 

まとめ

ウィートグラスの期待できる効果は、

  • デトックス
  • ダイエット
  • 血液サラサラ
  • 高血圧予防
  • 美肌・アンチエイジング効果
  • 貧血予防
  • 口臭、体臭予防
  • ガン予防
  • 虫歯予防

 

です。

甘みがあり飲みやすいという人と、やはり草っぽい味が苦手という人もいますので、初めは少量をお試ししてみましょう。

毎日続けるためには、効果や効能のメリットだけではなく、味や飲みやすさもとても大切です。

自分の体に合ったものをムリなく続けるようにしましょう。

 

デトックス効果が強いスーパーフード「チャコール」はこちらから♪

デトックス効果抜群!チャコールドリンク、チャコール湿布で毒素をだそう!!

 

スポンサーリンク