スポンサーリンク

 

黄砂が多く飛んでいる日は、見通しが悪くなったり、洗濯物が汚れたりします。

一年中飛んでいる黄砂ですが、春が一番量が多く、黄砂アレルギーの症状がでやすくなります。
症状と対策や、黄砂の飛来時期、飛来予報のおすすめサイトを紹介します。

 

 


黄砂とは

 

67.yellow-sand2

 

中国大陸の砂漠地域の砂が、巻き上げられて偏西風の乗って日本へやってくる現象です。

 

日本へ飛来する黄砂の大きさは平均4μmくらいです。
粒子が大きいものは途中で落ちてしまうため、小さいものが日本まで到達します。

 

黄砂の粒子にはさまざまな物質が含まれており、中国から日本へ飛来するまでの間に、大気汚染された物質も一緒に運んできている可能性が高いと言われています。PM2.5も含まれています。

 

黄砂の発生源から近いほど、農作物、人体への大きい被害が見られます。
また、発生源が日本ではないので、すぐに原因をなんとかする対策ができるわけではありませんが、植林など長期的な国際対策が進められています。

 

 

 


黄砂アレルギー

 

黄砂アレルギーとよく言いますが、実際は黄砂がアレルゲンというわけではありません。

 

黄砂に含まれる、ダニやカビ、ホコリなどがアレルゲンとなり、アレルギーの症状がでることがあります。

既にアレルギーを持っている人は、黄砂に含まれる二酸化ケイ素によって、アレルギー症状が悪くなるという報告もあります。

 

また、黄砂に含まれる成分には人的な汚染物質もあったりと体にとって有害なものであるため、体の反応によってアレルギーの様な症状がでるということです。
文字の通り「黄色い砂」ですので、砂を大量に吸い込んだと思えば、さまざまな症状がでるのも当たり前と言えます。

 

黄砂アレルギーの症状

 

症状は花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーに似た症状がでます。

 

  • 鼻水
  • 喉の痛み
  • 咳やぜんそく
  • 頭痛
  • 肺炎
  • 目や皮膚の痒み

 

黄砂の粒子

 

黄砂は粒子の大きさが花粉より小さいため、対花粉用よりも高性能なマスクが必要となります。

PM2.5用のマスクであれば、それよりも大きい黄砂は防げます。

 

67.yellow-sand3

 

  • PM2.5:  2.5μm
  • 黄砂:   4μm
  • スギ花粉: 30μm

 

 

黄砂の対策

 

花粉症の対策と基本的に同じです。

マスクは上でも紹介したようにPM2.5用のものを使用しましょう。

 

  • マスクやメガネする
  • 洗濯物を室内干しにする
  • できる限り外出しない
  • 空気洗浄機を使用する
  • 部屋の換気を控える

 

花粉症の対策法は?こちらから

 

 

アレルギー症状が強くでているときは、病院で飲み薬や目薬を処方してもらえます。

先日、黄砂用で処方された目薬「フルメトロン点眼液」です!!

ステロイドが入っていて、炎症を抑えてくれるものです。

 

067.yellow-sand-7

 

 

アレルギーで処方してもらえる薬についてはこちらを!

 

 


黄砂の飛来時期

 

黄砂は一年中飛来していますが、特に偏西風が強い春が一番飛来する時期と言えます。

ですから、2~5月に量が多くなり、4月が最も飛来が多くなります。

 

 


黄砂予報

 

スポンサーリンク

 

黄砂の状況がわかるサイトとアプリをご紹介します。

スマフォを使用されているのであれば、アプリの方が使いやすいと思います。

 

サイト

 

気象庁

少し見づらいです。スマフォではかなり見づらいです。 ※あくまでも私個人の感想です。

予測図では推移マップを確認できます。

気象庁の黄砂情報(実況)

気象庁の黄砂情報(予測図)

 

 

今日と明日のPM2.5予報

地域別の今日と明日の黄砂、PM2.5の予報がわかります。

気象庁のページよりも見やすいです。 ※あくまでも私個人の感想です。

今日と明日のPM2.5予報

 

 

iPhoneアプリ

 

大気汚染予報

PM2.5と黄砂の情報が確認できます。

[大気汚染予報]

 

 

Androidアプリ

 

大気速報Z【PM2.5・黄砂・花粉】

PM2.5と黄砂、花粉の全ての情報が確認できる優れものです。

[大気速報Z]

 

 

大気汚染予報

PM2.5と黄砂の情報が確認できます。

[大気汚染予報]

 

 


まとめ

 

  • 黄砂は2~5月に多く飛ぶ
  • 咳や鼻水、目の痒みなど花粉症に似た症状が起きる
  • 専用マスクが必要

 

花粉症と併発して、症状がでる場合もありますので、きちんと対策を心がけましょう。

ちなみに私の場合は花粉症どころではないくらいに、アレルギー症状が悪化します。

鼻水も抗ヒスタミン剤では止まらなくなりますので、やはりマスクは大切です!!

 

 

PM2.5が体に与える影響はこちらから

 

スポンサーリンク