L-92乳酸菌の商品をご紹介!

腸内環境・免疫
248.l92-lactic-acid-bacteria2-00

CMでも有名なカルピスのL92乳酸菌の商品をご紹介しています。体のバランスを整えるのにはやはり乳酸菌をとるのをおすすめします。錠剤や粉末、乳酸菌飲料タイプなど、生活スタイルに合ったタイプのものを選ぶことが、毎日続けるコツです!

いくらアレルギーの症状と対処は?魚卵アレルギーって子供はでやすい?たらこやししゃも、明太子も注意!

食物アレルギー
246.salmon-roe-00

魚卵の中でもいくらは最もアレルギーを起こしやすいと言われています。 口の中に違和感を感じたら、いくらアレルギーかも!アナフィラキシーの例もあるので、注意が必要! いくらアレルギーの症状や対処、食べてはいけない魚卵、子供の注意点などについてご紹介します。

おすすめ市販のセラミドクリーム、化粧水は?アトピーの保湿にはセラミドが必要!

アトピーの化粧品 アトピーの肌ケア
245.ceramide2-00

アトピーの人の肌にとって、セラミドを補うことはとても保湿効果が高いと言われています。 皮膚科などで処方される保湿剤と何が違うのでしょうか? アトピーの人におすすめのセラミド保湿剤、セラミド化粧品をご紹介します。

アトピーはセラミド不足が原因?保湿効果抜群のセラミドの効果とは?

アトピーの肌ケア
244.ceramide-00

「セラミドは保湿効果高い!」と言われています。化粧品やサプリメントも販売されています。 セラミドはアトピー性皮膚炎に本当に効くのでしょうか。 セラミドの効果や種類、アトピーの人へ効果、セラミドが多く含まれている食べ物についてご紹介します。

食物アレルギーの経口免疫療法は危険!卵や牛乳、小麦で実施も!保険適応は?

食物アレルギー
243.cure-eat-00

「食べて治す」治療である経口免疫療法は、アナフィラキシーなどの危険性から注意すべき点が多くあります。この治療で牛乳を飲んだ子供が重篤な状態に陥いるケースもでています。 経口免疫療法とはどんな治療か、対象アレルゲンや年齢、保険の適用、完治するのかについてご紹介します。

ユースキンIでアトピーのかゆみが改善?ユースキンSは保湿抜群!種類で効果に違いが?

アトピーの肌ケア
242.yuskin-00

ユースキンって結構種類が多く、かゆみ用、保湿用などものによって効果が違います。 アトピーの症状がよくなるものもあります!私は、ユースキンIで繰り返す背中アトピーが改善しました。 ユースキンの種類とアトピーに効くユースキンについてご紹介します。

薬局で市販購入できるプロペト、白色ワセリン、サンホワイトとは?サンホワイト入り化粧品がおすすめ!

アトピーの化粧品 アトピーの肌ケア
241.vaseline

白色ワセリンやプロペトは、薬局やネットなど市販でも購入可能です。 プロペトよりも不純物が少ないサンホワイトは病院では処方してもらえません。 市販で購入できる白色ワセリン、プロペト、サンホワイトとサンホワイト入り化粧品についてご紹介します。

プロペトは唇、顔に保湿効果絶大!赤ちゃんも使用できる。日焼けNGなの?白色ワセリンとの違いも!

アトピーの肌ケア
240.propeto-00

保湿剤としてよく使われているワセリンの一種に「プロペト」があります。 プロペトは保湿力が高く、赤ちゃんでも使用できます。 病院で処方してもらえる他、市販でも購入できます。 プロペトの効果や副作用、使い方、白色ワセリンとの違いについてご紹介します。

アトピーの乾燥対策はプロペト?ヒルドイド?病院処方の保湿剤とは?

アトピーの肌ケア
239.moisture2-00

冬はアトピーの人にとって、乾燥が強くつらい季節です。 夏の間使用していた保湿剤では、肌の乾燥を全然カバーすることはできません! ですから、冬は冬用のコッテリした保湿剤を使用するべきなんです。 病院で処方してもらえる保湿剤について紹介します。

3月、4月、5月のアレルギー・花粉症の原因と症状は?鼻水、涙、目のかゆみには対策が必要!黄砂やPM2.5も飛ぶ!

アレルギー 花粉症
238.spring-00

春の花粉症の原因は、スギやヒノキ以外にもハンノキ、シラカンバ、イネ科の花粉があります。 また、春は黄砂アレルギーやPM2.5の飛来による症状、紫外線アレルギーもあります。春の花粉症、アレルギーの原因、症状、対策などについてご紹介します。

ページの先頭へ