「2017年11月」の記事一覧(2 / 2ページ目)

薬局で市販購入できるプロペト、白色ワセリン、サンホワイトとは?サンホワイト入り化粧品がおすすめ!

アトピーの化粧品 アトピーの肌ケア
241.vaseline

白色ワセリンやプロペトは、薬局やネットなど市販でも購入可能です。 プロペトよりも不純物が少ないサンホワイトは病院では処方してもらえません。 市販で購入できる白色ワセリン、プロペト、サンホワイトとサンホワイト入り化粧品についてご紹介します。

プロペトは唇、顔に保湿効果絶大!赤ちゃんも使用できる。日焼けNGなの?白色ワセリンとの違いも!

アトピーの肌ケア
240.propeto-00

保湿剤としてよく使われているワセリンの一種に「プロペト」があります。 プロペトは保湿力が高く、赤ちゃんでも使用できます。 病院で処方してもらえる他、市販でも購入できます。 プロペトの効果や副作用、使い方、白色ワセリンとの違いについてご紹介します。

アトピーの乾燥対策はプロペト?ヒルドイド?病院処方の保湿剤とは?

アトピーの肌ケア
239.moisture2-00

冬はアトピーの人にとって、乾燥が強くつらい季節です。 夏の間使用していた保湿剤では、肌の乾燥を全然カバーすることはできません! ですから、冬は冬用のコッテリした保湿剤を使用するべきなんです。 病院で処方してもらえる保湿剤について紹介します。

3月、4月、5月のアレルギー・花粉症の原因と症状は?鼻水、涙、目のかゆみには対策が必要!黄砂やPM2.5も飛ぶ!

アレルギー 花粉症
238.spring-00

春の花粉症の原因は、スギやヒノキ以外にもハンノキ、シラカンバ、イネ科の花粉があります。 また、春は黄砂アレルギーやPM2.5の飛来による症状、紫外線アレルギーもあります。春の花粉症、アレルギーの原因、症状、対策などについてご紹介します。

2018年 スギ・ヒノキ花粉の飛散時期とピークはいつ?スギアレルギー対策と舌下、緩和米での治療法

花粉症
237.sugi00

春に症状がでるイメージが強いスギ花粉は、実は飛散時期が長く地域によっては真夏以外も飛んでいます。 スギ花粉には治療法があります。症状がひどく悩んでいる方は治療を検討してみて下さい。 スギ花粉の飛散時期、症状、対策、治療などについてご紹介します。

ヒルドイドのジェネリックはビーソフテン!副作用も理解して使おう!

アトピーの肌ケア アトピーの薬
236.hirudoido-00

ヒルドイドは保湿効果が高く美容にいいと言われていますが、副作用はないのでしょうか。 また、ヒルドイドのジェネリックであるビーソフテンは同様の効果が得られるのでしょうか。 ヒルドイドの副作用と、「ビーソフテン」との違いについてご紹介します。

ヒルドイドは美容で使うのはNG?保険適用外の危機が!市販でも手に入るか?

アトピーの肌ケア アトピーの薬
235.hirudoid3

「お高い美容クリームよりお肌がツルツルに!」なんて雑誌やネットで紹介されていた”ヒルドイド”。手に入れるには、病院での処方が必要ですが今後、保険適用外になるかもです。ヒルドイドの効果や種類、保険適用外の危機?市販品についてご紹介します。

ページの先頭へ