アトピーの人は化粧品選びに苦労している人が多いのではないでしょうか。

最近は「香料が入っていないもの」、「肌への刺激が少ないもの」なども多くなり、アトピー肌の人でも以前より選べる化粧品が増えてきました

 

私自身アトピーですので、使ってみたい化粧品をお試ししてはアトピーが悪化し断念することも多いのですが、アトピーが悪化せず肌の調子がよくなるものにも出会うことができています。

化粧品の成分をいろいろ調べる中で、やはりセラミドの保湿力がダントツであることがわかり、最近はセラミド入りであることを選択肢の条件に入れるようになりました。

 

ですから、顔アトピーの人には、特にセラミド入りの化粧品をおすすめしたいと思っています。

 

アトピー肌にセラミドがおすすめの理由と、セラミド2入り化粧品をご紹介します。

スポンサーリンク

アトピー肌はバリア機能が低下している

スキンケアしている女性

アトピーの人の皮膚は、アトピーではない人と比べて「バリア機能」が低下しているため、肌にうけるいろいろな刺激にとても敏感になっています。

よく化粧品などのコピーで「敏感肌」という言葉を見かけますが、アトピーの人は通常の敏感肌のレベル以上に刺激に弱いと言えます。

アトピー肌の人にとって、化粧品選びはとても重要かつ難しいと痛感している方が多いのではないでしょうか。

新しい化粧品を試してみたら、

  • 肌にしみる
  • かゆみがでる
  • アトピーが悪化する

などの状態に陥りせっかく買ったのに、使用を諦めることも多いと思います。

 

このように、アトピー肌の人はバリア機能の低下により、どうしても肌トラブルがおこりやすいのが特徴です。

ですから、「保湿力+肌に合う」ということをポイントに化粧品を選ばなくてはいけません。

アトピー肌は保湿力を重視して化粧品を選ぼう!

ポイント

アトピー肌の人はスキンケアが重要!

アトピーの人はよく言われる言葉です。

もちろん保湿をしないとアトピーがすぐに悪化しますので、言われなくても自分自身が一番よくわかっているよ!と思ってしまいますよね。

 

ではスキンケアのための保湿剤はなにを使っていますか?

病院で保湿剤として処方されるものには、

  • ワセリン
  • ヘパリン類似物質
  • 尿素

この3種類があります。

 

もちろん、顔、体用のいずれでも使用できるとして処方されます。

 

実際これらの保湿剤を顔に使ってみると、

「ワセリン」は顔にはベタベタしすぎます。

「ヘパリン類似物質」は保湿力は高いのですが、アトピー症状がある部分の皮膚に使うと、悪化することが多いと言えます。

「尿素」はアトピーの人にはしみる傾向が強いですね。

 

お子さんの場合は、顔にも体にも病院処方の保湿剤を使っている人が多いのですが、大人の女性の場合は、体には病院の保湿剤を使用するけど、顔は化粧品を使っているよ!という人が大半を占めています。

 

では、顔に使用している化粧品の保湿成分は気にしていますか?

 

実は、これらの成分よりももっと保湿効果が高い成分があります。

皮膚のバリア機能を保つ効果として高い順に、

  1. セラミド
  2. ワセリン
  3. ヘパリン類似物質
  4. 尿素

というデータがあります。

 

病院で処方されるものよりも「セラミド」の方が保湿力が高いんです。

セラミドは肌の水分を抱え込むことで、水分を蒸発させない役割があります。

 

ですから、アトピー肌の人は、是非セラミド入りの化粧品を選んでほしいと思います。

化粧品に含まれている保湿成分

スポンサーリンク

一般の化粧品に含まれている成分で保湿効果があるものは、

  • セラミド
  • スフィンゴ脂質
  • ステアリン酸コレステロール
  • 大豆レシチン
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • 天然保湿因子(NMF)
  • グリセリン

などです。

 

セラミドと他の保湿成分が組み合わせてあるものも、とてもおすすめと言えます。

 

ちなみに、セラミドが病院で処方されないのは、高価なため採算が取れないという理由だそうです。

 

セラミドの詳細についてはこちらから♪
アトピーはセラミド不足が原因?保湿効果抜群のセラミドの効果とは?

アトピー肌におすすめ保湿クリーム・美容液

クリームの画像

保湿成分が多く含まれている化粧品は数多くあります。

ですが、アトピー肌の人はなんでもよいわけではありませんよね。

肌への刺激が少なくアトピーのわたしでも使用ができる化粧品をおすすめします。

 

アトピーの症状や度合い、個々にもっているアレルゲンなどの違いで、全ての人の肌に合うとは限りませんので、使用してみて少しでも肌の調子が悪くなったら、使用を中止してくださいね!

♦発酵生セラム美容液 マシュファム ファーメントセラム

mfserum_lineup_1_640
画像引用:マシュファム化粧品/ヘルスビューティースキンケアショップ All

敏感肌でもしみにくいエイジングケア美容液です。

 

もちろんセラミドは配合されていますが、そのほかにキノコの発酵力を使ってお米を発酵させた成分が入っています。

この成分は、肌の保湿成分である天然保湿因子(NMF)に似た役割を持つものであることが特徴ですので、さらに高い保湿力が期待できる化粧品です。

化粧水の後はこの美容液でしっとりします。

 

使用されている保湿成分は、

  • コメ発酵エキス液
  • セラミドNG(セラミド2)
  • 水溶性コラーゲン
  • ヒアルロン酸Na
  • グリセリン

です。

セラミド2はセラミドの中でも、水分の保湿力が高い成分です。

また、エイジングケアで有名なプラセンタエキスも入っています。

マシュファムの使用感

292.skincare-cream-02

化粧水の後に使用しています。

クリームのようなこってり感はなく、乳液とジェルの間くらいのサラサラ度です。

のびがよく塗りやすいのが特徴です。

塗った直後は、「これで保湿は大丈夫かな?」と少し心配になりましたが、その後はしっかりしみこんでいるようで、肌がしっとり吸い付くような感じで潤いました。

まったくベトベト感はありません。

 

  • ベトベトしたくない
  • 浸透しやすく沁みないものがほしい
  • クリーム以外にいろいろ塗るのは面倒
  • しっかり保湿したい

 

という人にはおすすめです!

わたしの場合は、もちろんしみることも、肌のかゆみもでていません。

♦アヤナス クリーム




アヤナスのクリームはディセンシアからでている敏感肌化粧品の一つです。

使用されている保湿成分は、

  • セラミド2
  • ジグリセリン
  • PEG-400
  • PEG-75

などです。

セラミド2はセラミドの中でも、水分の保湿力が高い成分です。

アヤナスクリームの使用感

のびがよく塗りやすくきっちり保湿してくれます。

濃厚な手触りで、クリームで肌を保護してくれる感じです。

若干ペタペタしますので、朝使用する際はきっちりファンデでカバーが必要です!

 

  • しっかり保湿し、しっとり感がほしい

という人にはおすすめです!

 

わたしの場合は、もちろんしみることも、肌のかゆみもでていません。

公式ページ:アヤナス

まとめ

セラミド2入りでアトピー肌にもおすすめの化粧品(クリーム)をご紹介しました。

浸透感はマシュファムの方が高く皮膚を保護する感じはアヤナスの方が強いです。

 

化粧品は好みがありますので、アトピーが悪化しないこと、そして使用感を重視して選んでくださいね!

 

セラミド1、3、6入り化粧品はこちらでご紹介しています。
おすすめ市販のセラミドクリーム、化粧水は?アトピーの保湿にはセラミドが必要!

スポンサーリンク