「アトピーの肌ケア」の記事一覧


おすすめ市販のセラミドクリーム、化粧水は?アトピーの保湿にはセラミドが必要!

アトピーの化粧品 アトピーの肌ケア
245.ceramide2-00

アトピーの人の肌にとって、セラミドを補うことはとても保湿効果が高いと言われています。 皮膚科などで処方される保湿剤と何が違うのでしょうか? アトピーの人におすすめのセラミド保湿剤、セラミド化粧品をご紹介します。

アトピーはセラミド不足が原因?保湿効果抜群のセラミドの効果とは?

アトピーの肌ケア
244.ceramide-00

「セラミドは保湿効果高い!」と言われています。化粧品やサプリメントも販売されています。 セラミドはアトピー性皮膚炎に本当に効くのでしょうか。 セラミドの効果や種類、アトピーの人へ効果、セラミドが多く含まれている食べ物についてご紹介します。

ユースキンIでアトピーのかゆみが改善?ユースキンSは保湿抜群!種類で効果に違いが?

アトピーの肌ケア
242.yuskin-00

ユースキンって結構種類が多く、かゆみ用、保湿用などものによって効果が違います。 アトピーの症状がよくなるものもあります!私は、ユースキンIで繰り返す背中アトピーが改善しました。 ユースキンの種類とアトピーに効くユースキンについてご紹介します。

薬局で市販購入できるプロペト、白色ワセリン、サンホワイトとは?サンホワイト入り化粧品がおすすめ!

アトピーの化粧品 アトピーの肌ケア
241.vaseline

白色ワセリンやプロペトは、薬局やネットなど市販でも購入可能です。 プロペトよりも不純物が少ないサンホワイトは病院では処方してもらえません。 市販で購入できる白色ワセリン、プロペト、サンホワイトとサンホワイト入り化粧品についてご紹介します。

プロペトは唇、顔に保湿効果絶大!赤ちゃんも使用できる。日焼けNGなの?白色ワセリンとの違いも!

アトピーの肌ケア
240.propeto-00

保湿剤としてよく使われているワセリンの一種に「プロペト」があります。 プロペトは保湿力が高く、赤ちゃんでも使用できます。 病院で処方してもらえる他、市販でも購入できます。 プロペトの効果や副作用、使い方、白色ワセリンとの違いについてご紹介します。

アトピーの乾燥対策はプロペト?ヒルドイド?病院処方の保湿剤とは?

アトピーの肌ケア
239.moisture2-00

冬はアトピーの人にとって、乾燥が強くつらい季節です。 夏の間使用していた保湿剤では、肌の乾燥を全然カバーすることはできません! ですから、冬は冬用のコッテリした保湿剤を使用するべきなんです。 病院で処方してもらえる保湿剤について紹介します。

ヒルドイドのジェネリックはビーソフテン!副作用も理解して使おう!

アトピーの肌ケア アトピーの薬
236.hirudoido-00

ヒルドイドは保湿効果が高く美容にいいと言われていますが、副作用はないのでしょうか。 また、ヒルドイドのジェネリックであるビーソフテンは同様の効果が得られるのでしょうか。 ヒルドイドの副作用と、「ビーソフテン」との違いについてご紹介します。

ヒルドイドは美容で使うのはNG?保険適用外の危機が!市販でも手に入るか?

アトピーの肌ケア アトピーの薬
235.hirudoid3

「お高い美容クリームよりお肌がツルツルに!」なんて雑誌やネットで紹介されていた”ヒルドイド”。手に入れるには、病院での処方が必要ですが今後、保険適用外になるかもです。ヒルドイドの効果や種類、保険適用外の危機?市販品についてご紹介します。

重曹がアトピー効く?お風呂に入れる・飲む効果は!実は危険な可能性が!

アトピーの肌ケア
222.baking-soda

重曹のお風呂に入ると肌がツルツルになる!アトピーにも効く!と言われていますが実は危険! 症状が軽い人でなければ、肌がツルツルどころかガサガサになって、アトピーが悪化する可能性も! 「重曹の入浴剤を使う前に知識をつけてから判断してください!

アトピーが改善!サウナのすごいパワーは!入り方も注意が必要!

アトピーの肌ケア
217.sauna

アトピーにサウナが効く? きちんと注意点を理解してサウナを利用することで、代謝があがりアトピーの症状を緩和させることができるんです。サウナの効果やアトピーの人にとってなぜよいのか、そしてサウナの入り方についてももご紹介します。 銭湯や温泉に行った際は、是非サウナも利用してほしいです!

ページの先頭へ