スポンサーリンク

 

栄養がたくさんつまった納豆。

納豆は、ビタミンやミネラルが豊富に含まれる、毎日食べたい食品です。

 

ちょっと待って?! 納豆のレシピアレンジはよいけれども、熱に弱い?!
効果的に納豆を摂って健康な体を目指しましょう。

 

 


納豆の栄養と効果

 

083.natto2

 

納豆は大豆からできています。

大豆を発酵させることによって、大豆そのものよりも、もっと多くの効果が期待できる食品です。

 

 

美肌効果

 

「納豆レシチン」はニキビやシミを防ぐ効果や、肌荒れを改善する効果が期待できます。
「ポリアミン」はシミ、そばかす、くすみを防ぎ、新陳代謝を活発にすることから、アンチエイジング効果が期待できます。

 

ビタミンB2やビタミンEも含まれているので、健康な皮膚を作り、若々しい肌が作られます。

 

また、「ナットウキナーゼ」や「大豆サポニン」には強い抗酸化作用がありますので、アレルギー予防や老化防止にこれらの成分が一役買っています。

 

 

更年期障害の予防

 

大豆に含まれる「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンのバランスを保つ働きがあり、乳がん予防や更年期障害のほてりを軽減するなどの効果があります。

 

アボカドと合わせ食べると、女性ホルモンのバランスを整えるのに効果がアップしまうs。

 

 

コレステロール値を低くする

 

大豆はそもそもコレステロールは0ですが、納豆にはコレステロールを下げる働きもあります。

「大豆イソフラボン」には、強い抗酸化作用があり悪玉コレステロールの酸化を抑制することができます。

 

また、納豆菌が作りだす酵素であるネバネバ成分の「ナットウキナーゼ」は血中コレステロールを低下させることがわかっており、中性脂肪を減らす効果や血液をサラサラにする効果があります。

高血圧を防ぐことも期待できます。

 

青シソを薬味にして合わせて食べると血液サラサラ効果がアップします。

 

 

腸内環境を整える

 

納豆に含まれる「大豆オリゴ糖」は、腸内の有用菌を増やして、腸内環境を改善します。

「ナットウキナーゼ」には善玉菌を増やす作用があります。

 

「大豆オリゴ糖」、「食物繊維」の働きで便秘予防にも効果があります。

 

 

 


納豆を効果的に摂る方法

 

スポンサーリンク

 

カロリー

 

納豆のカロリーは100gあたり200kcalとそんなに低くはありません。

 

1パックが約50gですので、一日1パック食べるとすると、100kcalということになります。

 

ただし「大豆ペプチド」の働きで、納豆を食べると基礎代謝が上がることから、食べた分は体が消費してくれると考えると、そんなにカロリーを気にすることなく食べることができます。

 

 

 

食べ方

 

「ナットウキナーゼ」は熱に弱いことがわかっています。

 

「ナットウキナーゼ」の期待できる効果は、血液サラサラ効果ですので、血液の流れをスムーズにし、動脈硬化や高血圧予防として食べるのであれば、加熱しない方が適しています。

 

 

 

食べる時間

 

083.natto3

 

「ナットウキナーゼ」は食べてから、1時間後から効果を発揮し、8~12時間効果が持続します。

 

血栓予防には1日50gの納豆を食べると効果的であると言われていますので、晩ご飯に1パック食べるのが「ナットウキナーゼ」の効果を発揮させるのによい時間帯と量になります。

 

 

飛行機にのっておこる「エコノミークラス症候群」は、狭い環境で体の中に血栓ができてしまう症状です。

ですから、飛行機に乗る前に納豆を食べるのがとても効果的です。
さすがに飛行機に乗る直前に納豆かけご飯を食べるのは難しいかも?ですので、納豆巻きなんかで摂ることをおすすめします!

 

 

 

保存方法

 

冷凍保存

納豆は冷凍保存が可能です。

納豆のパックをラップに包む、もしくは保存用ビニール袋に入れてジップし冷凍します。
カラシや納豆タレは入れたまま冷凍できます。

 

食べるときは、冷蔵庫解凍で半日ほどおけば食べられますが、時間がないときは電子レンジの解凍モードでも解凍ができます。

保存期間は約1か月です。

 

 

冷蔵保存

冷蔵の場合はもちろん、賞味期限内に食べることが鉄則ですが、多少すぎても食べれます。
(わたしの場合は食べています)

 

納豆の賞味期限がきれている場合に、食べるか食べないかを判断する目安は、納豆の粘り気の度合いです。

 

箸でかきまぜてみると、悪くなっている納豆は、粘りが弱く、コロコロしています。
また、コロコロして少し黒くなっている場合もあります。

 

納豆パックの端の方の粒が多少乾燥していても、かきまぜて粘るようであれば、問題なく食べています。

 

※あくまでも、私の基準です!!

いちおう、わたしは胃腸が弱くアレルギー体質ですので、大丈夫ではないか!と個人的に思っていますが、気になる方はやめてくださいね

 

 

 


まとめ

 

納豆の効果は

  • 美肌効果
  • 更年期障害予防
  • コレステロールを下げる
  • 腸内環境改善

 

 

納豆は加熱せず夜に食べるのが効果的です!!

 

 

スポンサーリンク

 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村