スポンサーリンク

 

スーパフードの一つである「マキベリー」。

 

ポリフェノールである「アントシアニジン」の効果で、抗酸化作用がとても強い果実です。
アンチエイジングや便秘解消、眼精疲労予防、むくみ改善、アレルギー予防などさまざまな効果が期待できます。

 

マキベリーパウダーの使い方もご紹介します。

 

 

 


マキベリーとは

 

112.maqui-berry2

 

 

マキベリーは、チリ原産のホルトノキ科「マキの木」になるの果実です。

 

古くからジュースとして飲まれており、ポリフェノールがとても豊富でブルーベリーより少し小さく濃い紫色の実をつけます。

 

現地の人はワインやジャムの材料として使用しています。

 

 

酸味と甘味がきいた美味しい果実です。

 

 

 


マキベリーの栄養成分

 

112.maqui-berry4

 

マキベリーの注目の栄養成分はなんといっても、ポリフェノールの一種である「アントシアニジン」です。

眼精疲労に効果がると有名な成分です。

それ以外にも、下記のようなさまざまな有効成分の働きで、体にうれしい効果が期待できます。

 

  • アントシアニジン
  • 食物繊維
  • 鉄分
  • カリウム

 

 

「アントシアニジン」は、「アントシアニン」に結合している糖や有機酸を除いた成分のことです。

サプリメントなどに表記がある含有量は、下記の式で換算できます。

 

アントシアニジンx1.44=アントシアニン

 

例. アントシアニジン100mgと、アントシアニン144mgは同じ含有量です。

 

 


マキベリーの効果・効能

 

スポンサーリンク

 

アンチエイジング

 

ポリフェノールの中でも、抗酸化作用がとても高い「アントシアニジン」が含まれていることで、免疫力アップしみやシワを防ぎアンチエイジングの効果が期待されています。

 

また、血流を改善する作用から、くすみ防止の効果もあります。

 

そのほか、コラーゲン生成に役立つビタミンCも多く含まれています。

 

 

 

便秘解消

 

食物繊維が豊富なことから、腸の働きを整えて、便秘予防や解消に効果があります。

 

 

 

眼精疲労予防

 

アントシアニジンには毛細血管を強化して、血流を改善する作用があります。

 

疲れ目の症状緩和や視力アップの効果があります。

 

ブルーベリーに含まれていることで有名ですが、マキベリーには、ブルーベリーの約14倍のポリフェノールが含まれています。

また、アサイーと比べても約5倍のポリフェノールが含まれています。

 

 

 

むくみ改善

 

カリウムや鉄の働きで、むくみの解消や貧血予防の効果が期待できます。

 

 

 

アレルギー予防

 

アントシアニンには抗ヒスタミン作用があるので、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー対策としても効果が期待できます。

 

 

 

 


マキベリーの使い方

 

112.maqui-berry3

 

 

マキベリーの種類

 

マキベリーの実は、生では手に入りにくいため、パウダータイプが入手しやすいです。

ドリンクタイプのものもあります。

 

サプリメントも販売されていますので、食事で摂るのが厳しい方には、ドリンクやサプリの方が気軽に摂れるためおすすです。

ただし、サプリメントの場合はマキベリー以外に含まれている成分や添加物についても注意して選びましょう。

 

 

 

マキベリーの摂り方

 

ポリフェノールは水溶性なので、体の中に長い時間、留まっていることができず、体外に排出されてしまうため、こまめに摂るのがおすすめです

 

一日2回以上にわけて摂りましょう。

 

 

マキベリーパウダーの使い方

 

  • スムージーやジュースにして飲む
  • ヨーグルトにまぜる
  • シリアル、グラノーラにまぜる
  • クッキーやホットケーキの生地に練りこむ
  • ドレッシングにまぜる

 

 

 


まとめ

 

マキベリーの効果は

 

  • アンチエイジング
  • 便秘解消
  • 眼精疲労予防
  • むくみ改善
  • アレルギー予防

です。

 

ブルーベリーよりも眼精疲労緩和の効果が高い果実です。
簡単に食事にプラスできますので、今日からはじめてみては!!

 

 

スポンサーリンク


 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村