スポンサーリンク

 

普段なにげに飲んでいるコーヒーは、実はとても健康にいい飲み物です。

 

血糖値を下げたり、ダイエット、集中力アップ、アレルギー抑制、高血圧予防、シミ予防、そのほかにもいろいろな効果が期待できます。

 

飲み方もご紹介しています。

せっかく飲むのであれば、健康に役立つ、効果的な飲み方をしましょう!

 

 

 


コーヒーの成分

 

127.coffee2

 

コーヒーに含まれている注目の成分は

 

  • クロロゲン酸
  • カフェイン
  • トリゴネリン

 

です。

 

「クロロゲン酸」はポリフェノールの一種で苦味や香り成分です。抗酸化作用、抗炎症作用があります。

 

そのほかにも1000種類以上のさまざまな成分がコーヒーには含まれています。

全ての成分とその効果や効能は未だ解明できていなものも多いと言われています。

 

 

 


コーヒーの効果・効能

 

115.yacon4

 

糖尿病予防

 

「クロロゲン酸」はインスリンの効きをよくする作用があります。

血糖値が下がることでインスリンの過剰な分泌を抑えることができます。

 

食後、血糖値があがると、それを下げるためにインスリンが分泌されます。

血糖値の上りが急激な場合は、早く血糖値を下げなければいけないので、インスリンが多く分泌されます。

 

その結果、脂肪が燃焼しにくい状態となり、太りやすい原因となります。
さらに、インスリンがどんどんでることで、血糖値が今度は急激に下がりすぎて食欲が増すという結果につながります。

 

血糖値の急激な上昇は、インスリン分泌を増やしてしまうことで糖尿病の原因ともなりますが、太る原因ともなるのです。

 

 

 

ダイエット効果

 

「クロロゲン酸」のインスリンの効きをよくする作用で、結局は食べ過ぎ防止の効果があることがわかりました。

 

「クロロゲン酸」には、さらに脂肪の消化吸収を防ぐ働きがあります。

 

この働きにより、脂肪が皮下や内臓へ蓄積されることを阻止してくれます。

その結果、脂肪を燃焼させることで、体脂肪が下がることになります。

 

 

 

集中力アップ

 

カフェインには覚醒作用があります。

カフェインに慣れていない人は、夜に飲むと眠れなくなるから注意!とよく言われます。

 

このカフェインの覚醒作用によって、集中力がアップしたり、認知機能がアップしたりする作用があると言われています。

 

更にカフェインよりも含有量が多い「クロロゲン酸」にも覚醒作用や神経を刺激する作用があり、「トリゴネン」にも脳の神経細胞を活発にする働きがあることがわかっています。

 

カフェイン以外の成分も合わせて、認知機能のアップ、集中力アップの効果が期待できます。

 

 

 

 

アレルギー抑制効果

 

コーヒーに含まれる、カフェインとポリフェノールには、抗アレルギー作用があることがわかっています。

 

花粉症やアトピーなど、アレルギーがある人にもコーヒーはおすすめです。

 

 

 

 

その他の効果

 

スポンサーリンク

 

これらの他にも、抗酸化作用が高い「クロロゲン酸」などの効果で、さまざまな症状や病気のリスクが下がったという研究結果が報告されています。

 

  • 高血圧予防
  • シミ予防
  • 動脈硬化予防
  • ガン予防

 

 

 


グリーンコーヒー

 

127.coffee4

 

クリーンコーヒーとは、コーヒー豆を生のまま抽出したもので、別名「生豆コーヒー」と言われています。

 

焙煎していないので、「クロロゲン酸」が豊富に含まれていることが特徴です。

 

 

生豆の状態、コーヒーパウダーやサプリメントが販売されていますので、「クロロゲン酸」の効果をさらにアップしたい方にはおすすめです。

 

また、コーヒーがどうしても苦手な人は、サプリメントで摂るのがいいでしょう。

 

 

 

 


コーヒーの飲み方

 

127.coffee3

 

飲むタイミング

 

食前に飲むことで、糖の吸収を抑えることができます。

 

 

摂取目安

一日あたり3杯が目安です。

 

あまり多いとコーヒーの効果が減少するという研究結果も報告されています。

また、胃に負担がかかると感じる人は、無理せず自分に合った量から始めましょう。

 

 

飲み方

 

ダイエットのために飲むのであれば、お砂糖とミルクは控えるようにしましょう。

運動前に飲むのも効果的です。

 

アレルギー体質の人もお砂糖はなるべく控えましょう。

 

 

アレルギーが悪化しづらいお砂糖はこちらから♪

 

 

 

 


まとめ

 

コーヒーの効果・効能は

 

  • 糖尿病予防
  • ダイエット効果
  • 集中力アップ
  • アレルギー抑制効果
  • 高血圧予防
  • シミ予防
  • 動脈硬化予防
  • ガン予防

です。

 

ミルクや砂糖を入れないで飲むのがおすすめですが、それでは飲みづらいという人は、香りが強いコーヒーを挑戦してみてください。

 

健康維持のためのコーヒーを是非おためしください!!

 

 

スポンサーリンク