結膜炎の中でも、アレルゲンが原因である「アレルギー結膜炎」。

 

アレルギー結膜炎の症状や原因、薬などでの治療、普段からの対策をご紹介します。

 

市販の薬もありますので、症状が悪化するまえに炎症を抑える対処をしましょう。

スポンサーリンク

 

アレルギー性結膜炎とは

 

148.conjunctivitis2

アレルギー性結膜炎とは、何らかのアレルゲンが目に付着することで、結膜が炎症を起こすアレルギー症状です。

 

アレルゲンのタイプにより、季節限定で起きる「季節性アレルギー性結膜炎」と通年通して起きる「通年性アレルギー性結膜炎」があります。

 

アレルゲンとなるものには、花粉や黄砂、コンタクトの汚れなどがあります。

 

アレルギー性結膜炎の症状

148.conjunctivitis3

主な症状は

  • かゆみ
  • 充血
  • 目ヤニ
  • 目の中のゴロゴロ
  • 目の中にブツブツができる

 

などがあります。

アレルギー性結膜炎には、子供に多くみられる「春季カタル」やアトピーの人に多い「アトピー性角結膜炎」、コンタクトレンズが原因となる場合が多い「巨大乳糖結膜炎」があります。

 

「春季カタル」は結膜に増殖性病変があり、アレルギー性結膜炎の中でも重度の症状のもので子供に多くみられます。
春から夏にかけて症状が悪化します。

 

アレルギー性結膜炎の原因

070.pollen5

アレルギー性の場合、空気中の浮遊物がアレルゲンとなって目に付着し、免疫反応によりかゆみなどの症状があらわれます。

 

原因となる物質は、

  • 花粉
  • 黄砂
  • ハウスダスト・ダニ
  • 動物の毛
  • コンタクトレンズ

 

です。

 

アレルギー性結膜炎の治療と薬

スポンサーリンク

アレルギー性結膜炎の治療は、主に目薬になります。

抗アレルギー薬が含まれる点眼薬が処方されます。

 

抗アレルギー点眼薬には、ヒスタミンの動きを抑制する「ヒスタミンH1拮抗薬」、または「メディエーター遊離抑制薬」が含まれているものの2種類あります。

 

アレルギー症状が強い場合にはステロイド入りの点眼薬が処方されることもあります。

※ステロイド剤は長期間使用することで、副作用の危険があるため注意が必要です。

ヒスタミンH1拮抗点眼薬

ヒスタミンを抑えるので、強いかゆみを抑える効果があり、即効性があります

メディエーター遊離抑制点眼薬

ヒスタミンが増えないようにするため、効果があらわれるまで2週間以上かかります

内服薬

目薬のみでは症状が軽減されないときは、抗ヒスタミン剤などの内服薬をつかいます。

 

わたしはアトピー治療のため、2種類の抗ヒスタミン剤を服用していますが、内服薬は鼻の症状や皮膚のかゆみには効果がありますが、目のかゆみなどの症状にはあまり効かないように感じます。

目薬(点眼薬)の選び方

148

アレルギー性結膜炎の眼薬は、病院で処方してくれるほか、市販のものもあります。

 

市販の場合は、”アレルギーに効果があり”と記載があるものを選びましょう。

 

例えば、目の充血の原因が”疲れ目”なのか”アレルギーなのか”によって、目薬に含まれる成分は違ってきます。

目の充血をとる血管収縮剤が入っているものは、アレルギー性の充血には逆効果になる場合もあります。

 

ですから、症状と原因に合った目薬を選ばなくてはいけません。

アレルギーにおすすめの市販目薬

  • サジテンAL点眼薬

【第2類医薬品】サジテンAL 点眼薬 アレルギー専用 10ml

  • アルガード クリアブロック

【第2類医薬品】アレルギー症状が続き、かつ炎症をともなう方にロート製薬アルガードクリアブロックEX 13ml

  • アルピタット

【第2類医薬品】マイティア アイテクト アルピタットN(セルフメディケーション税制対象)(15mL)【マイティア】

  • サンテアルフリー

【第2類医薬品】サンテアルフリー新目薬 12ml

  • アイリスAGガード

【第2類医薬品】アイリスAGガード 10mL

アレルギー性結膜炎の対策

226.butakusa-02

普段の生活での対策は、花粉症やハウスダストなどのアレルギー対策と同じです。

  • 外出時にはメガネを着用
  • 衣類や持ち物にアレルゲンがつかないように注意する
  • 室内のアレルゲンを除去する

 

花粉症の徹底対策はこちらから♪

 

ハウスダスト・ダニの徹底対策はこちらから♪

 

 

アレルギー性結膜炎はうつる?

疑問に感じている女性の画像

結膜炎には原因によって、いくつか種類があり、うつるタイプとうつらないタイプがあります。

  • 細菌性結膜炎:細菌が原因となっておきる結膜炎
  • ウイルス性結膜炎:ウイルスが原因となっておきる結膜炎。流行性結膜炎や急性結膜炎など。
  • アレルギー性結膜炎:アレルゲンが原因となっておきる結膜炎

うつる

細菌性やウイルス性の場合は、感染する可能性があります

タオルの使いまわしや、目をこすった手をかえして、細菌やウイルスにの感染が起こります。

うつらない

アレルギー性結膜炎の場合は、アレルゲンによってその人のみに起こる反応ですので、他人へはうつりません

 

まとめ

アレルギーによる結膜炎は、アレルゲンが発生するたびに症状があらわれるつらい病気です。

目の症状が悪化する前に点眼薬による対策が必要です。

スポンサーリンク