スポンサーリンク

 

スーパーフードである「ヤーコン」。

 

あまり知られていませんが、オリゴ糖がとても多く含まれていて、ダイエット効果が期待できる野菜です。

 

そのほか、便秘解消やアンチエイジング効果もあります。

とても低カロリーなので、気にせずお料理にプラスできるお芋です。

 

 

 


ヤーコンとは

 

115.yacon2

 

ヤーコンはアンデスが原産でオリゴ糖が多く含まれている根菜です。

生や乾燥野菜が手に入ります。

 

 

 


ヤーコンの栄養成分

 

ヤーコンの注目の栄養成分は

 

  • フラクトオリゴ糖
  • ポリフェノール
  • 食物繊維
  • カリウム

 

です。

 

そのほかにも、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、カルシウム、マグネシウムなど、ビタミン、ミネラルも含まれています。

 

 

 


ヤーコンの効果・効能

 

115.yacon4

 

美肌・アンチエイジング

 

赤ワインよりも多く含まれる「ポリフェノール」の抗酸化作用で活性酸素を除去し、アンチエイジング効果が期待できます。

 

 

 

便秘解消

 

フラクトオリゴ糖の働きで、大腸にいるビフィズス菌を増やす作用があるため、腸を整え、大腸がんや便秘解消の効果が期待できます。

 

また、水溶性食物繊維が豊富で、腸に運ばれた食物をゲル化し排出できるため、便秘解消に役立ちます。

 

腸の調子を整えることは、免疫アップにもつながります。

免疫があがることで、アレルギー症状が軽減されることがわかっていますので、アレルギー体質の人にもおすすめです。

 

 

 

ダイエット補助

 

ヤーコンの糖分は分解しにくいため、エネルギーに変わりにくく、血糖値の急激な上昇を防いでくれるので、ダイエットに効果的です。

 

また、水溶性食物繊維が豊富なことで、糖の吸収を抑えてくれます。

 

 

 

 


ヤーコンのカロリー

 

スポンサーリンク

 

ヤーコンのカロリーは100gあたり54kcalで低カロリーな野菜です。
さつまいもの半分以下のカロリーであり、イモの中でもカロリーが低いことから、ダイエットに適していることがわかります。

 

100g中のカロリー値

  • ヤーコン 54kcal
  • さつまいも 132kcal
  • じゃがいも 76kcal
  • 長芋 65kcal
  • 里芋 58kcal

 

 

 


ヤーコンの摂取目安

 

一日あたり100gを目安に摂取しましょう。

 
※オリゴ糖の効果が感じられる量となります。

 

 

 


ヤーコンの食べ方・レシピ

 

115.yacon3

 

ヤーコンに含まれるオリゴ糖は熱に弱いため、生で食べるか、軽く火を通すお料理が適しています。

生ではシャキシャキした食感が楽しめ、火を通すと生のときよりも甘味がでてきます。

 

また、ヤーコンはお茶で摂ることも可能です。

 

納豆や、ヨーグルトなどの発酵食品と一緒に摂ることで、整腸効果がアップします。

 

  • 納豆にプラス(細かく刻んで)
  • ヨーグルトにプラス(細かく刻んで)
  • スムージーに入れる
  • サラダに入れる(細切りにする)

 

 

ヤーコンレタスサラダ

 

材料

  1. ヤーコン
  2. レタス
  3. ツナ缶
  4. コーン缶
  5. マヨネーズまたはドレッシング (お好みで)
  6. 塩、胡椒

 

手順

 

  1. レタスは一口サイズにちぎります。
  2. ヤーコンを5mmの短冊切りにします。
  3. ツナ缶は油を捨てておきます。
  4. ヤーコンとツナ、コーン、マヨネーズを混ぜて、お塩と胡椒で味を整えます。
  5. レタスの上に盛り付けしてできあがり。

 

プチトマトをトッピングするとかわいくなりますよ♪

 

 

ヤーコン茶

 

ヤーコン茶はヤーコンの葉から作られるお茶です。

 

葉にも有効な成分がいろいろ含まれており、血糖値を下げてくれることでダイエットや糖尿病に効果的な他、コレステロール値を下げることで高血圧予防に役立ちます。

 

 

 


まとめ

 

ヤーコンの効果・効能は

 

  • 美肌・アンチエイジング
  • 便秘解消
  • ダイエット補助

です。

 

カロリーが低いお芋ですので、食事にプラスしてダイエット補助に役立ててくださいね。

 

 

スポンサーリンク


 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村