• 体調アップしたい人とアレルギーの人に

 

スポンサーリンク

 

まさかの猫アレルギー?と思ったらまずは検査をして確認することが大切です。

 

軽度の症状であれば、薬や徹底対策でアレルギー症状はかなり抑えることも可能です。

 

 

既に猫と暮らしている人は、とにかく対策を始めましょう。

 

猫アレルギー症状原因検査治療対策をご紹介します。

 

 


猫アレルギーの症状

 

205.cat-allergy3

 

猫にアレルギーがある場合に発症する主な症状は、

 

  • 目のかゆみ、充血
  • くしゃみ、鼻水、鼻づまり
  • 喉の痛み
  • 呼吸の息苦しさ、ゼーゼーする
  • 皮膚のかゆみや腫れ、湿疹

 

です。

 

元々喘息をもっている人は、呼吸器系の症状が悪化する可能性があります。

 

ハウスダストアレルギーがある人も、症状が悪化する可能性がありますので、注意が必要です。

 

 

花粉症や風邪にも似た症状が起きますが、かゆみが発生した場合は風邪ではありません。

 

花粉症とは症状が似ているため、確認するためには病院での検査が必要です。

 

 

 


猫アレルギーの原因

 

205.cat-allergy2

 

猫アレルギーの原因となる物質は、

 

  • 猫の唾液
  • 猫のフケ
  • 猫の毛
  • 猫の尿

 

などに含まれるアレルゲンで、「セクレトグロビン」、「リポカリン」というタンパク質が原因となっています。

 

 

 

 


猫アレルギーの検査

 

猫のアレルギーは、血液検査もしくはプリックテストで確認することができます。

 

血液検査

 

血液検査(RAST)で、IgE抗体の値を確認することができます。

また、猫以外では犬やセキセイインコも確認できます。

 

 

血液検査で確認できるペット動物アレルゲン

 

  • 猫の皮屑
  • 犬の皮屑
  • セキセイインコのフン
  • セキセイインコの羽毛

 

いずれかの動物のアレルギーがでたとしても、全ての動物に対して症状がでるわけではありません。

例えば、セキセイインコはアレルギーがでるが、犬は大丈夫な人もいます。

 

 

 

プリックテスト

 

皮膚にキズをつけた部位にアレルゲンを付けて反応を見るテストです。

 

猫毛のアレルギー反応を確認できます。

 

また、ネコの他にも犬毛も確認できるテストです。

 

 

アレルギー検査についてはこちらから♪

アレルギー検査にかかる費用とアレルギー検査項目のすべて

 

 


猫アレルギーの治療

 

64.internal-medicine

 

猫アレルギーは一度発症してしまうと、完治するのは難しいので、あくまでも症状を抑えるための治療となります。

 

アレルギー症状を抑えるためには、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などの飲み薬を飲むか、湿疹など皮膚の症状がでたところにステロイドなどの塗り薬を塗って炎症を抑えます。

 

目の症状がある場合は、かゆみや腫れを抑える目薬があります。

 

いずれも病院で処方してもらえます。

 

症状が軽い場合はある程度は薬で抑えることが可能です。

 

 

アレルギーの飲み薬についてはこちらから♪
アトピー性皮膚炎に効く「飲み薬」の種類と副作用

 

ステロイドの詳細についてはこちらから♪
アトピーに効くステロイド軟膏とプロトピック軟膏の知識

 

ステロイドの副作用についてはこちらから♪
ステロイド剤の内服時と外用時の副作用の違い

 

 


猫アレルギーの対策

 

スポンサーリンク

 

アレルゲン除去

 

アレルゲンである猫に近づかないのが一番の方法ですが、お家で既にネコを飼っている人にはちょっと厳しいですので、他の対策を頑張りましょう。

 

 

 

徹底掃除

 

お部屋の徹底掃除が必須です。

 

アレルゲンが付着しやすい”カーペット”や”クッション”、”ぬいぐるみ”などは避けて、拭き掃除ができる状態にしましょう。

 

  • 猫の毛がつきやすいものは置かない
  • 掃除機を頻繁にかける
  • 壁、床のふき掃除
  • カーテンや布製のものは頻繁に洗う

 

 

 

空気清浄機

 

空気清浄機も効果があります。

 

猫のアレルゲンは粒子が細かいため、フィルター機能が高いもの(HEPAフィルターなど)がおすすめです。

 

 

 

 

寝室に猫を入れない

 

寝室には寝具がありますので、どうしてもアレルゲンが付着してしまいます。

 

アレルギーの症状は不眠の原因になりますので、寝室には猫を入れないように対策を取りましょう。

 

ネコの行動範囲を限定できない場合は、寝具もこまめに洗ってください。

 

 

 

 

衣類にコロコロ

 

猫と生活していると、どうしても自分の衣類にアレルゲンが付着しますので、コロコロ(粘着テープ)で毛をとる習慣をつけましょう。

 

 

 

顔を近づけない

 

猫を抱かないことが一番いいのですが、そうもいかない場合は、抱いたときにアレルゲンを吸い込まないようになるべく顔を近づけないようにしましょう。

 

また、猫を抱いたあとは、手洗いをしましょう。

 

 

 

 

ブラッシングとシャンプー

 

アレルゲンを減らすためには、ネコのブラッシングとシャンプーは重要です。

 

ネコに負担がかからない頻度で徹底するようにしましょう。

一般的には、ブラッシングは週に2、3回程度、シャンプーは月に1、2回と言われていますが、ネコの状態に合わせてムリがないようにしましょう。

 

また、シャンプーするときは、アレルゲンを吸い込まないようにマスクを着用しましょう。

 

 

 

 

ペットフード

 

アレルゲンが少なくなるペットフードがあります。

フケが減るもので、動物病院で手に入れることができます。

 

 

 

 

アレルゲンが少ない猫

 

猫アレルギーではあるが、どうしても猫を飼いたいのであれば、アレルゲンが少ないと言われている品種の猫がいます。

 

抜け毛が少ない品種の猫ですが、アレルゲンがまったくないわけではありませんので、選択肢の一つとしてください。

 

  • ロシアンブルー
  • バリニーズ
  • ベンガル
  • サイベリアン

 

などで、10種類以上はいると言われています。

 

 

 

 


まとめ

 

猫アレルギーがある人は、飼わないことをおすすめしますが、猫を飼っている状態でアレルギーが発症してしまった場合は、徹底対策を心がけましょう。

 

これから猫を飼うことを検討している人は、事前にアレルギー検査をしておくのもいいと思います。

 

アレルギー体質の人は、特に事前検査をおすすめします。

 

 

ハウスダストアレルギーについてはこちらから♪

ハウスダストアレルギーの症状は?対策と治療方法を解説!

 

スポンサーリンク


 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。