代表的なハーブの一つである「カモミール」には、リラックスやスキンケア、アレルギー対策、胃の調整を整える効果が期待できます。

特にリラックス効果が高く、ハーブティーとしても精油でも使うことができます。

 

カモミール効果効能副作用使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

カモミールとは

210.chamomile2

カモミールは、ヨーロッパでは薬としても利用されていいるハーブの一種です。

カモミールは、「ジャーマンカモミール」と「ローマンカモミール」の2種類あり、前者は主にカモミールティーとして、後者は精油として使われています。

 

リラックス効果がとても高く、よく眠れないときなどにおすすめのハーブです。

 

カモミール効果・効能

リラックス

カモミールに含まれる「アピゲニン」には鎮静効果があり自律神経のバランスを保つことから、緊張をほぐし気分をリラックスさせることができます。

 

疲労回復や安眠効果も期待できます。

スキンケア

カモミールには保湿効果や抗炎症作用があるため、皮膚を保護しツルツルのお肌にしてくれます。

 

特に乾燥による肌のトラブルにおすすめです。

アレルギー対策

カモミールには、抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗酸化作用があることで、アレルギーの症状緩和が期待できます。

 

保湿効果も高いため、アトピーなどの皮膚炎の症状を抑えてくれたり、鼻や喉の症状も緩和してくれますので、気管支喘息や花粉症の対策にもなります。

胃の調整を整える

カモミールの「アピゲニン」や「マトリシン」は消化を促し、胃の粘膜を修復する働きがあります。

 

胃痛や胃炎、胃潰瘍への効果も期待できます。

血行を改善

カモミールは血行をよくし、体を温めてくれる効果があります。

 

冷え性やPMS予防への効果が期待できます。

 

カモミールの副作用

妊娠中

子宮に影響する作用がありますので、妊娠中は控えてください。

カモミールアレルギー

スポンサーリンク

「ブタクサ」や「ヨモギ」などの”キク科”の植物や花粉にアレルギーがある人は注意が必要です。

体調に変化を感じたときは、すぐに摂るのを中止しましょう。

 

果物アレルギーと花粉症についてはこちらから♪

果物アレルギーの症状とは?花粉症との関係を知って対策をしよう!

 

カモミールの使い方

210.chamomile3

 

カモミールは主にハーブティーとして飲みます。

ノンカフェインであることから、時間を気にせず飲むことができます。

 

また、ハーブティーは少し苦味があることから、苦手な場合は、精油やカモミール入りの入浴剤、化粧品などでも効果が十分期待できるハーブです。

カモミールティーの淹れ方

  1. ティーポットにカモミールの葉小さじ1杯を入れ熱湯を注ぎます。
  2. フタをして3分待ったらできあがり。

 

ミルクやレモンはもちろん、他のハーブや紅茶とブレンドしても美味しくいただけます。

カモミール入浴剤

ドライカモミールをお茶パックに入れて、お風呂に入れることで入浴剤としても使うことができます。

精油

アロマとしても使用できます。

リラックス効果が期待できますので、ティッシュに2滴ほどたらして、寝室に置くとぐっすり眠ることができます。

 

まとめ

カモミールの注目の効果は、

  • リラックス
  • スキンケア
  • アレルギー対策
  • 胃の調整を整える

 

などです。

リラックス効果がとても高いハーブです。

お仕事や勉強の合間、寝る前などに使うと効果的です。

 

リラックス効果が高いハーブはこちらから♪

ペパーミントの効能は?爽やかな香りでリラックス効果抜群!花粉症にも!!

疲労回復・リラックスに抜群オレガノの効能は?副作用にも注意!

 

スポンサーリンク