スポンサーリンク

 

果物アレルギーの原因は花粉症と関係がある場合があります。

 

今まで食べていた果物なのに、ある日突然アレルギーが発症することも珍しくはありません。

アレルゲンタンパク質のしくみを知って、適切な対策を取りましょう。

 

 

 

 


果物アレルギーとは

 

078.fruits2

 

果物アレルギーとは、果物を食べると、口の中、唇、喉の奥が腫れる、痒くなる、赤くなる、ヒリヒリするなどの症状です。
野菜を食べたときも同様な症状が起こることがあります。

 

食べた後に違和感があるような場合も、アレルギーを発症している可能性があります。

 

口腔内の症状が多い傾向にありますが、症状が酷くなると、嘔吐や下痢を起こすこともあり、重篤な場合はアナフィラキシーショックをおこす可能性もあります。

 

 

アナフィラキシーショックの症状と対策は?

 

 


交差抗原性

 

果物や野菜によるアレルギー症状は、花粉症と関係がある場合があります。

 

果物や野菜のアレルゲンタンパク質は、花粉症をおこす原因となっている花粉のタンパク質と構造が似ているため、花粉症を発症している人はフルーツや野菜でもアレルギーを発症する可能性があります。

 

このようなアレルギーを「花粉-食物アレルギー症候群(PFS)」といい、口腔内に症状がでるものを「口腔アレルギー症候群(OAS)」と言います。
異なる食品や花粉などでも、似た構造をもつタンパク質を持っていることから、アレルギーの抗体反応が起こるようなものを、「交差抗原性」があるといいます。

 

交差抗原性は、果物・野菜と花粉の間だけ存在するものではありません。

 

天然ゴムの木がアレルゲンである「ラテックスアレルギー」を持っている人が、果物を食べてアレルギーを発症する場合もあります。

これを「ラテックス・フルーツ症候群」といいます。

 

 

 


交差抗原性のあるもの

 

交差抗原があるものについては、すでに何らかのアレルギーを発症している場合は、摂取や接触を控えるなど、気を付けなければいけません。

 

シラカンバ花粉症の人の5人に1人が、スギ花粉症の10人に1人がこのような、食物アレルギーを発症しています。

 

ただし、交差抗原があってもすべての人が、アレルギーを発症するわけではありません。

 

花粉と果物・野菜の交差抗原

 

シラカンバ、ハンノキ

  • リンゴ、モモ、サクランボ、アーモンド、ナシ、イチゴ、スモモなどのバラ科果実
  • セロリ、ニンジンなどのセリ科野菜
  • 大豆、キウイフルーツ、ヘーゼルナッツ、バナナなど

 

イネ科(カモガヤ、イネ、麦、アシ、ススキ)

  • 小麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀類
  • カモミール、タンポポ、ジャガイモなど

 

ヨモギ

  • ニンジン、セロリ、パセリなどのセリ科の野菜
  • ジャガイモ、トマトなどのナス科の野菜
  • ピーナッツ、リンゴなど

 

ブタクサ

  • メロン、スイカ、きゅうり、ズッキーニなどウリ科果実
  • ニンジン、キウイ、バナナ

 

スギ、ヒノキ

  • トマト

 

 

花粉以外の交差抗原

 

スポンサーリンク

 

ラテックス

  • アボカド
  • バナナ
  • キウイ
  • パパイヤ
  • イチジク
  • メロン
  • マンゴー

 

ビーナッツ

  • エンドウ豆
  • レンズ豆

 

クルミ

  • ナッツ類

 

さけ

  • カジキ
  • ひらめ

 

エビ

  • カニ
  • ロブスター

 

小麦

  • 大麦
  • ライ麦

 

牛乳

  • 牛肉
  • ヤギ乳
  • 馬乳

 

モモ

  • リンゴ
  • プラム
  • ナシ

 

 

 


果物アレルギーの対策

 

アレルゲン除去

基本的な対策はアレルゲンを食べないことです。

 

 

加熱

 

  • 果物の場合は加熱すると大丈夫な場合があります。
  • 大豆は熱に強いため、加熱してもタンパク質の構造は変わらずアレルギーがでる確率は高いと言われています。

 

 

 

 


まとめ

 

交差抗原性があることで、思わぬアレルギーが発症するケースがあります。
花粉症の人は年々増えていっていますので、食べた後に違和感があった場合は、病院で検査をしましょう。

 

 

スポンサーリンク


 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村