スポンサーリンク

 

アナフィラキシーショックを起こすことがある、そばアレルギー。

 

そばはアレルギーになると、重篤な症状がでる可能性がある食品です。
そばアレルギーの症状や原因、そばはちみつも危ない理由についてもご紹介します。

 

そばが入ってなくても、注意が必要なのです!!

 

 

 


そばアレルギーの症状

 

071.soba3

 

そばアレルギーは、摂取後すぐに症状がでる「即時型アレルギー」です。

 

食物アレルギーの中でも症状が重く、そばを食べてアナフィラキシーショックを起こし死亡したケースも過去にあります。
主な症状としては

 

  • 口内の違和感(痒くなる、ヒリヒリする、はれる)
  • 喉の違和感(痒くなる、イガイガする)
  • 蕁麻疹や湿疹
  • 腹痛や嘔吐、下痢
  • 呼吸の乱れ(咳、呼吸困難、喘息)
  • めまい
  • 手足が冷たくなる
  • けいれん
  • 意識障害

 

そばの摂取量に関係なく発症する可能性がありますので、ごく少量でも食べないように注意が必要です。

 

もし誤って食べてしまったときは、無理矢理吐くか、ムリな場合は水分を大量に摂ってください。

アナフィラキシーショックの兆候が見られた場合は、すぐに対処するか、救急車を呼ばなければいけません

 

 

 


そばアレルギーの原因

 

071.soba2

 

そばに含まれているそばアレルゲンたんぱく質は、3種類は解明されていますが、他にもアレルギーを起こすタンパク質が存在する可能性があると言われています。

 

 

そばのゆで汁

 

そばタンパク質は水溶性であることから、そばのゆで汁溶けだすことがわかっているため、工場やお店などでそばと一緒に調理しているもの(うどんなどの麺)に関しても、注意喚起の表示がされているのをよく見かけます。

 

「同工場でそばも扱っています」など。

 

ゆで汁に溶けだすそばタンパク質の量は、アレルギーを起こす量を超えているための注意が必要です。

 

 

そばの花

 

そばの花粉や葉はどうなのでしょうか。

 

そばの花粉や花弁、葉にはアレルゲンタンパク質の含有量は極めて少ないという結果がでています。
一方、そばの種にはアレルゲンタンパク質の含有量は多く、注意が必要と言われています。

 

ただし、現在知られているそばアレルゲンタンパク質は3種類のみであり、まだ解明されていないタンパク質が存在し、それによるアレルギー反応についてはわかっていないことから、花粉や葉が絶対大丈夫ということはありません。

 

 

 


RAST検査で陰性?

 

スポンサーリンク

 

そばアレルギーの症状がでるにもかかわらず、血液検査(RAST)で陽性の反応がでないことがあります。

これは、そばアレルゲンタンパク質が、実際は3種類のみではないことから、すべてのたんぱくの検査ができているわけではないことが原因です。

 

可溶性のタンパクはRASTによる検査ができますが、不溶性のタンパクは抗体反応を確認することができないということです。

 

逆に、血液検査(RAST)でそばタンパクに対し陽性であっても、アレルギーの症状がでない場合があります。

ですから、普段から自分の症状に注意する必要があるということです。

 

 

 


そばはちみつが危ない?

 

071.soba4

 

そばはちみつはアレルギー症状がでるのでしょうか?

 

そばはちみつに含まれているのは、花の蜜と花粉です。

 

そばの花弁、花粉に含まれているそばアレルゲンタンパク質は、極めて少ないことがわかっていますので、実や種を使用したものよりは、アレルギーが発症する可能性は低いと考えられますが、前述のとおり、そばアレルゲンタンパク質は3つのみではありませんので、そばアレルギーがある人は、摂取を控えた方がよいと言えます。

 

 

そばが含まれる食品

 

  • お蕎麦の麺
  • そばハチミツ
  • そば茶
  • そば枕
  • 香辛料
  • 雑穀

 

そば殻の枕は、もちろんアレルギーの人が自ら購入することはありませんが、外泊時などには枕に気を付ける必要があります。

枕を振ってみるとわかりますので、必ず確認してから使用しましょう。
また、16穀米など、雑穀をブレンドしたものには、そばが含まれているものがありますので、注意が必要です。

 

 

 


そばアレルギー体験談

 

わたしにはそばアレルギーがあります。
血液検査(RAST)では陰性であるにもかかわらず、アレルギー症状がでます。

 

そばを食べてでる症状は、普段のアレルギー症状よりもはるかに重く、胃痛、めまい、ふらつき、視野狭窄です。

食べると貧血のような状態になります。
実は、昔はそばをよく食べていたのですが、ある年越しの際に、年越しそばを食べて気分が悪くなりました。

 

ビールの飲みすぎかと思い、その時は気にしていなかったのですが、その後、3度にわたりそばを食べて気分が悪くなったことから、そばアレルギーであることを自覚しました。

 

自覚まで遅いよ!と思うかもしれませんが、以前はそばを頻繁に食べていたこともあって、そばが原因だということにたどり着くまで時間がかかってしまいました。

 

友人宅で知らずにそば茶を飲んだあと、嘔吐に苦しんだことこともあります。
体調が悪いときに食べたそばが、アレルギー発症の引き金になったのかなぁ~と今は思っています。

 
わたしはアトピーの他、いくつかの食物アレルギーもありますが、そばの症状がやはり一番酷いのです。
わたしのように、ある日突然そばアレルギーが発症するケースもありますし、RASTではわからない場合もあります。

 

 

 


まとめ

 

  • そばアレルゲンタンパク質は解明されていないものもある
  • そばアレルギーは重篤な症状がでる場合がある
  • ゆで汁以外も注意が必要

 

そばは酷い時には命に関わるアレルギー症状がでる可能性がありますので、アレルギー体質の人は特に気を付けてほしいと思います。

 

 

スポンサーリンク